2017年11月10日

スレート屋根雨漏り調査 河内長野市 

河内長野市にてスレート屋根の雨漏り調査にお伺い致しました。 😉

漏水箇所は軒先に近い天井です。

早速屋根に登ります。

写真の様に軒樋に集まる水流と谷板に集まる水流をその下のスレート屋根材に飲ます恰好となる屋根形状ですね。
屋根材は屋根勾配に順次て雨水を排水出来る量がそれぞれ決まっており一点に集中して雨水を流さなければならない場合は予め防水紙だけでなく、捨て谷等の二次防水を考慮しなければ雨漏りを引き起こす原因に繋がってしまいます。

今回はこの屋根上に谷板を通して集約する雨水を軒樋で飲ます御提案をさせて頂きました。
原理さえ熟知しておりましたら大掛かりな工事が必要でない場合が殆どです。 😉

この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして、誠にありがとう御座いました。 😀