2017年11月10日

雨漏り調査 西淀川区 葺き替えしかありませんでした2017年11月10日

西淀川区にて雨漏りの調査をさせて頂きました。 😉

雨漏り箇所は棟瓦のメンテナンス不備から派生しております。

熨斗瓦と丸瓦の間に塗り込んでいる漆喰の隙間から先ず雨水は侵入しております。加えて侵入した雨水が塗り重ねて面土漆喰が堰となり排水出来ませんから、部屋内部におちます。台熨斗の垂れに横走りする雨水も棟瓦直下の地瓦の桟山に到り、これも排水出来ません。

あと、地瓦全てに塗り込んでいるシリコンコーキングが劣化を伴い今度は雨水を呼び込む堰となっている状態です。

結果と致しまして、

棟瓦からの雨水の侵入は棟瓦を新しく積み直せば雨漏りは完治致しますが、既に体感出来ないだけで全面漏水を引き起こしている状態ですので、残念ですが全面葺き替え工事を御提案せざる得ませんでした。

この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして誠にありがとう御座いました。

ご期待に添えず、申し訳無く思っております。

<(_ _)>