2017年11月09日

屋根修理診断 箕面市


箕面市にて今回の台風21号による風害被害が出た家屋の修理調査にお伺いしておりました。

風害で飛散した丸瓦はタコ足線(鉄線)で緊結しておりましたのでタコ足線の被膜劣化と共に鉄線も錆で溶けてしまっている状態で御座いました。
この状態で強風圧を受けて飛散したという事ですね。
他にも棟瓦に水分が廻り過ぎて棟瓦直下の追い当て瓦に凍てによる欠損が出ております。


こちらは吹き飛んだ丸瓦で割れてしまった下屋根の地瓦で御座います。取り敢えずの応急処置を施しておきました。


波板の欠損の修理も含めまして、今回の御提案は
①棟瓦の全体的な積み直し工事、また
②地瓦の交換と波板の取り換え
この様な内容となります。
この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして、誠にありがとう御座いました。 😀