2017年11月05日

雨漏りと屋根修理の調査 豊中市


豊中市にて雨漏り調査と屋根修理調査にお伺い致しました。
写真の右袖瓦が今回の台風21号で耐えきれずズレてしまっております。
何時もの欠損かと考察していましたら、仕様していた緊結釘は亜鉛ではなく銅でした。
その銅釘が折れてしまっていたのです。私は幾現場も拝見してきましたが銅釘が折れてしまっているケラバを見るのは初めてでした。
それだけこの立地での風圧が掛かる頻度が高いという事ですね。
それにしても驚きで御座いました。

修理の方は難なく終わりまして次は壁面雨漏りの調査です。

写真は雨戸のストッパーに使うビスです。この下は直ぐモルタル壁面ですのでこれを対処致します。

シールで塞ぎました。小さなビス穴と言いましても長雨と風雨を受け続けましたらこのレールの上は雨水がたまります。

もう一つの壁面雨漏りの原因は旧式の戸袋と窓枠サッシの下場の取り合い部からの雨漏りです。下場サッシを這う雨水が戸袋内部に干渉しております。


戸袋の下は水抜きがありませんので、部屋内部に雨水が侵入してしまいます。
改善方法はこの戸袋をはめ殺してしまう事が一番安価な対処方法とお伝えさせて頂きました。
幸い施主様もこの部屋はお使いにならないようですので、
御自分で対処するとの事でした。

取り敢えず、お役に立てて良かったです。  🙂

この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして誠にありがとう御座いました。 😀