2017年11月05日

屋根修理調査 豊中市


豊中市にて屋根修理の調査にお伺い致しました。

今回の台風21号を受けてお問合せ頂きました現場で御座います。
使用している屋根材はモニエルホームステッド、圧型化粧スレート等と呼ばれます。
欠損している袖部の不備はシーラーと言いますスポンジ状の止水材の劣化が雨水を呼び寸3垂木を腐食進行させその後スクリュウー釘が利かなくなっていた状態であった事が原因。
軽く乗っている状態で強風を受ければ外れてしまいます。


その場で割れていた袖部を修復し、元の位置に戻してこれ以上の構造材木の腐食進行を取り敢えず抑える事にしました。
この屋根材は水返しという大切な部位がありませんので次のメンテナンス時には葺き替えを御検討されてみては如何でしょうか?
と御提案させて頂きました。
その際には足場も必要な事もあり、今回は簡易補修となりましたが、10年位は問題無く機能致します。

夕日が鮮やかな日でした。

この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして誠にありがとう御座いました。
大きな被害では無くて良かったですね。 😉