2017年09月18日

雨漏り調査(高槻市にて)

皆様いつもありがとう御座います。<(_ _)>

😀 大阪府高槻市にて瓦屋根の雨漏り調査をさせて頂きました。

😉 先ずは内覧させて頂きます。うっすらと和室天井に雨漏りの後が御座います。早速屋根に上がってみます。

😉 平部地瓦がズレてしまっています。

ズレた原因は50年弱の間で近隣環境が変化した事が一番だと思います。廻りには高層の建築物も新しく建っておりましてその建築物を立てる際の振動。また、流れ行き(屋根の縦の長さ)も長い事から鼻先軒瓦に掛かる比重も大きい事、尚且つ土量が少なく、土止めの桟木が薄い事、屋根野地と土との密着がビニトンルーフィング故弱かった事等が挙げられます。

😉 何時も作業車の中に携帯しているルーフィングを切りまして差し込みました。一次的ではありますが、これで雨漏りは直ります。

😉 棟の瓦も現在体感出来る雨漏りは発生していないものの、メンテナンスは必要ですとお伝え致しました。

😀 この度は私共に御信頼を置いて頂きまして誠にありがとう御座いました。