2017年07月07日

八尾市の屋根修理診断

八尾市にて、屋根修理診断の御依頼を頂きました。

🙂 何時もHPを見て頂いて感謝申し上げます。

写真の薄型化粧スレートは厚みが5mm。屋根勾配は3寸。
元々この建材は緩勾配にも対応可能という事で販売された経緯もも御座いますが、御覧の様に20年弱で表層塗膜の劣化が見られます。

何故でしょうか?

この建材は8枚で一坪の施工面積でありますが、建材自体の横の重ね目より縦の重ね目の劣化。塗膜の剥離が目立ちます。
これは、屋根勾配が3寸といえども、雨後の雨水の停滞率が横の重ね目よりも高い事が理由です。

暑さ5㎜という事は停滞した雨水が健在に浸透して表層の塗膜まで気化で押し出す事が容易であるという事で御座います。
幸い多少のひび割れもございますが、こちらの屋根は一度日本瓦から葺き替えておりますので、再度の葺き替え工事は心情的に通しがたく、
5年置きの点検で様子を見て頂く事と承知して頂きました。

何時も、この屋根や家屋を自分が抱えた場合の最善は何か?
現場にて従事する職方の視点からお届けしております。

この度は当店屋根診断の御依頼を頂きまして、誠に有り難う御座いました。
どうかご安心の上お過ごし下さい。
また、何か解らない事が御座いましたら、何時でも気兼ねなく御一報下さいませ。 🙂