2017年06月25日

勇気のハンマー

動画を眺めてクリック・クリックしてましたら

引きこもり生活から新たな一歩を踏み出すドキュメント動画に辿り着きました。

引きこもる理由も色々あると思います。これに社会性の解を当てはめる事はちょっと乱暴やなとか思っておりました。

ただ、

引きこもりをやめた方の顔も多少の印象操作はあるものの、晴れ晴れとしております。

これも事実で御座いますね。

 

今回の動画の主の方の様に

このままではいけないと自分の心細工に向かって思いっ切り勇気のハンマーを叩きつけた時

今まで培ってきた物、殻に成ってしまっていたものは砕け散ります。

 

この事象を前後でみると、砕ける前の心細工と砕け散った後の心細工の二面性しか垣間見れず躊躇う事もあって当然なんですが、

 

よくよく観察して、一瞬に注視してここに時間を割いてみますと

 

雪の結晶の様に砕け散っていく心細工は本当に美しいと思うのであります。

光に反射してキラキラと本当にきれい。

その後には本当に核となる部分が手のひらにポトリと落ちて来ます。ひらひらとかもしれません。

(ここは私にとっては非常に大事な部分)

 

この感覚は、言葉の表現では少し限界がありますが、

変わろうとする人は恐れと引き換えに、自分しか見れない一瞬の美しさを経験出来る事も事実であります。

 

それでも怖いものは怖いですよね。

ゆっくりボチボチ。

ポテチ (笑)