2017年06月10日

悠久の時を超える雨漏り修理

本日は、こちらの屋根の雨漏り修理に勤しんでおりました。
(`・ω・´)ゞ

雨漏りの急所は今回も棟瓦です。

この屋根のメンテナンス履歴はザックリこんな感じです。

一番最初に雨漏りした時の処置は、地瓦平部の縦の隙間を漆喰で埋める事と面土漆喰のやり直し工事。元々棟瓦の台熨斗勾配が緩く、台熨斗瓦の垂れから廻り込まれる雨量が面土漆喰の上部を超えての雨漏りですので、面土漆喰の防水性能がまだある内は一時的に雨漏りは止ります。ほんの一次的にです。地瓦平部の縦の漆喰は何の意味もありません。

その後、雨漏りが止まったという事で太陽熱温水器を設置。(意外と重宝しているお施主さんもちらほらおられるみたいです。)

次に面土漆喰の防水性能が切れた頃再度の雨漏り発生。今度は地瓦平部の縦の隙間と桟山をシリコンで埋め、面土漆喰を重ね塗って、その後その下端に漆喰が外れない無いようにシリコンを塗り完全に台熨斗瓦の垂れから巻き込んで来る雨の逃げ場が無くなり雨漏りは悪化の一途を辿ります。

ほとほと弱った施主さんは診断してもらっても、ビニトンルーフィングが破れて雨漏りしているとか、棟では無く平部のシリコンがダメだとか、葺き替えるしか方法が無い等、様々な診断を受けた後、私に御連絡を頂きました。

当時の私の診断はやはり棟瓦からの漏水。天井裏を確認しても明らかでした。よって流れ行き8程の水量はしれていますし、これに対応できる屋根勾配もある。また、地瓦本体の水返しも若干の埃堆積はあるものの機能している。

これを元に応急処置を施工致しました。

お待ち頂く事約560日。その間には大雨。長雨。強風雨。ゲリラ。梅雨。台風が通り過ぎて行きます。
もし、この間で雨漏りしたのならご連絡下さいとお伝えして、、。560日様子を見て頂いておりました。

施主さんは天井裏に入り易い事も合わさって雨の度に天井裏を確認しておられました。

その後、何度も、何度も、メールで喜びの御報告を受けて、最後には、私を救世主と呼んで頂けるほど喜んで頂きました。施主様のお気持ちは拝して頂きますけど、救世主は辞退致します。マジで。本気で。

そして本日やっと雨漏り修理が完了致しました。

元々の棟瓦はシリコンで再起不能でしたので、この部分だけ新しい棟瓦を使用致しました。

本当に、悠久の時を超えて、やっと雨漏りが直りましたね。よかったです。
また、私で間に合う事ありましたら、何時でも御連絡下さい。

この度は私に御信頼をお寄せ頂いて感謝申し上げます。
ゆっくりお休みくださいませ。m(__)m