2017年05月12日

谷とシジミ汁

(谷)

その人は谷に落ちたが、谷に成らなかった。
その人は、闇に落ちたが闇に成らなかった。

気にせず同じように落ちた人と談笑し
隣人へ手を差し伸べていたら
闇と谷は怒り狂って、その人を追いだした。

その人は何処に居てもその人なんです

 

🙂 皆様、日々お勤めお疲れ様で御座います。本日は詩から始まります。

上記の詩は、ちょっと日本漫画昔話みたいですけど今まで見て来た施主さんや色々な方との出会いの中で本当にあった実話で御座います。強烈に印象に残るご縁があった方は今までで3人。ありがたい事で御座います。

まことに残念では御座いますが。私は手を差し伸べられていた方です。

い、、致し方無し。笑

ですので、私は私なりに、もがいて、もがいて色々な道具を使って色々削っているのであります。

(`・ω・´)ゞ

で、

本日は、雨漏りの応急処置をさせて頂いておりました~。ありがとう御座いました。 🙂

本格的にお直しするには、足場か命綱が必要で御座います。屋根に乗るのが精一杯の瓦屋根であります。

また、こちらの現場の近所には川、、いや農業用の用水路が流れておりまして、そこでシジミを発見致しました! 😯

私が大阪でシジミを発見したのは、今回で合計3回です。

場所は、

①淀川

②伊丹市

③羽曳野市

の3か所

シジミとか街中にいますとなんだかホっと致します。

シジミ汁飲んで、飲み干して、プハァ~ってしたくなります。(^^)

もんもんとして来ましたので、シジミ汁にちなんだ俳句を4個作りました。

(シジミ汁)

シジミ汁
瞼に戻る
若き母

シジミ汁
頭をたれた
老いた手に

シジミ汁
目の輝きと
碗のゆげ

シジミ汁
その黒髪と
朝の音

 

(`・ω・´)ゞ私は、豚汁も好きで御座います。すいとんも好き。