2017年04月30日

雨漏りから暮らしを守ろう(羽曳野市の修理診断記事)

大阪府の羽曳野市で築100年の瓦屋根雨漏りの診断をさせて頂きました。
当店に御信頼をお寄せ頂いた事心より感謝申し上げます。
気付かないうちに雨漏りしている事ってありますよね。

早速雨漏り箇所を拝見させて頂きました。

物置が水浸し状態だったという御報告を頂きました。
そこまでの漏水量は地瓦平部のズレか割れ、割れた後の剥離が原因で御座います。
早速屋根に登らせて頂きました。

鎬桟瓦のズレが確認出来ます。こちらのズレに原因は軒瓦からのズレでは無くて、
100年前の地瓦は利き足といいます寸法もまばらでありますので、
前職人さんがせめて横足。写真の白線を通したい。(合わせたい)この一念で葺き上げましたので掛かりの甘い(利き足)の甘い所が風圧で少しずつ動かされて、写真の様なズレを引き起こした物で御座います。

ちょっと解り難いかもしれませんが、御容赦下さい。
(あ、施主様には理解して頂きました。)

他に気になった所は、、。


水流がまともに当たる水切り熨斗瓦の改変と

大屋根軒樋の改変工事、また、


庭木が暴れてズラサレタ風切り丸の修理工事や


巴の緊結力低下が引き金になった風切り丸の修理工事などが、主なメンテナンス項目となります。
:-)余談ですけど、DIYで屋根に上る方は写真に写っている苔の部分には絶対足を掛けないで下さいね。非常に滑って危険です。
🙂 この度は当店に御信頼をお寄せ頂きまして、誠にありがとう御座いました。