2017年03月29日

まだ葺き替えなくていいよ

先日診せて頂いたモニエルの屋根の写真です。

誰を信じて良いのか、解らないと困惑されておられました。

ここで、大事なのは、やはりヒアリングですね。

詳しく覚えておられない場合ももちろん御座いますが、出来るだけ漏れた時期、漏れた量、過去の雨漏り経験等お聞きしてそこから、最善を考えて行くのが、私のやり方です。複合型や天井裏に入れない場合や、散水では再現出来ない現場が多々あるからで御座います。

今回の漏水量は約10時間で100ccこれがポイントでして、写真の納まり、おそらくは捨て板で右の谷に左の谷の雨水を落としている構造に根本的な原因がありましたら、10時間で100ccでは済みません。また、樋の勾配も升方向ではなく瓦の方に熱膨張で傾いておりますけど、これでも100ccでは済みません。

よって、直上の一枚の瓦割れが原因。

既に先の業者さんが応急処置しておりますから、これで雨漏りは止ります。雨漏りが止まったら割れた瓦の対処をして終了となります。

この屋根は6寸勾配ありますので、ちゃんと塗料溜りを切ってくれるなら塗装しても良いと思いますが、そうでないならモニエルは水返しが無いので、止めていた方が安心。雨漏りしないまでも桟木が腐る可能性があります。

 

まだ、築20年です。

施主さんが屋根を新しくしたいという希望が本当にあるのなら、屋根材はまだ使えますけど、葺き替えても良いのではないでしょうか?

 

でも、この屋根はまだ、葺き替えなくていいです。

(^^)

 

めちゃ安心してもらって、瓶入りのコーヒー頂きました。

初めてみました。瓶入りのコーヒー。ありがとうございます。

(^^)