2017年02月12日

華々

5641[1]

本日は、長女の高校受験の合格発表が速達で送られて来る日です。

発表までの間、

ホントに心が筋肉痛になるくらい、ヤキモキしておりました。

 

結果は・・・

 

 

見事、合格で御座います!。

おめでとう御座います!。

 

自力で一つの山を越えた彼女。

私としましては、

もし、不合格であっても、自力で山を越えた彼女に賞賛を送るつもりでした。

何事でもそうですけど、逃げずに向かう事が尊いのであります。

 

記念として、そんな彼女に送る詩を作りました。

 

(華々)

勉を取れる人は
勉を取れなかった人を補い

力ある人は
力なき人の下に向かう

惜しみ無く、捲く人は
今まで見た事もない決して枯れる事の無い華々が
あなたに寄り添い、集い出す

少し自分が恥ずかしくなるくらい
満ち足りて余りある明日が用意されている

必ず満ち足りて余りある明日がやって来る

惜しみなく注いだあなただから
華々はあなたを選んだ

 

 

%e6%b8%a9%e6%b3%89

とりあえず、お風呂です。お風呂! 笑

ニヤニヤさせてくれて ありがとうね

(^^)