2016年11月24日

非日常を紡ぐ

家内が、勤労感謝の日を利用して中学校時代の同窓会に行っておりました。

行先は箕面スパーガーデンと万博。観覧車にも乗って楽しそうです。

 

帰ってきて沢山お土産話を頂いて、一緒にニヤニヤしておりました。

ほんと、仲の良い同級生グループで聞いてて楽しい。(^^)

 

別れ際に皆さん現実に戻って行く~っと・・しばしの非日常を惜しんでおられた様です。

今回の様な小さなコミュニティーは、何処の街にもあると思います。

私は家内の話を聞くにつれ、不特定であれ、皆さんの非日常を得る時間と猶予を生み出す為に、もっと、もっと、自分の力量と考察を精査しながら人間的にも留まっていていてはならないと強く思いました。

 

何かを成すでは無いかもしれませんが、これで行くはやれる。

自他共に彩を紡ぎたいのです。

キャッチコピーの類とかは、ほんまにもうどうでもええのです。