2016年11月11日

お金はツールや道具ちゃうで

こんにちは、本日の記事はお金の話です。いやらしい話。

 

いやらしいわぁ・・もう・・。

 

 

 

で、、、、、、

 

 

 

いやらしいわぁ・・って いやらしいのが好きなんかどうなのか?攻めのぼったろか!?

話の腰が折れるでしょ、、、。自分で書いてて笑ってしまった。  笑

 

では、無くて本題。

昔、お金はツールや道具って散々原理主義に没頭してた時代がありましてね。

要するにお金に縛られたらあかん!っていう何かこう、お金が人格に介入してくるのを思考から排除しようとしていた時代が、あったんです。

 

でも、これ、上手く私の中では機能しませんでした。

やっぱり、お金は大事です。守りたい人も守れません。

 

この仕事してますと、達観されている御施主さんもおられ、下記の様なお言葉を貰った時から変わりました。

 

私達の様に雨漏りでお困りの方の為に使って下さい。

 

このお言葉はね、厳密にはお金の事では無くて、お客様の声の事なんですけど、ここで私の人格にお金が絡んで来る事象は形そのものが変わりました。

 

施主さんから頂いた工賃は、次の施主さんに繋げていかないといけない。

こうやって、ブログ書けるのも、役に立つであろう記事を書けるのも、施主さんが今に繋いでくれたお金のおかげなんです。

これを、ただのツールやとか道具やとか自分本位に捉える事は、今の私には無理。

 

お金は大事。血流を勝手に切ったツールや道具とちゃう、信頼してくれた施主さんや共に身を削る職方、あらゆる人々の想いが詰まっています。

人の想いが詰まって血流のあるお金を手にした時、

幸せやなぁ~って思ってええと思います。

私は、お金を道具やツールやとか、、想いを馳せれない事業は絶対したくありません。

 

 

時が経ち、私の子供が結婚式でお父ちゃんありがとう・・。という場面を

血流の通った想いとお金の使い方を、、今しても、毎回してもええのではないでしょうか。

 

願わくばケンケン パッ!位の頻度でも。