2016年06月03日

そもそも施主さんは誰も信用していない

本日は、朝肌寒く何かこう、ええやん!と言う感じで現場に赴いておりました。

そもそも施主さんは誰も信用していない
タイトルの文字は、私にとっての永遠の課題です。

雨漏りしたり、屋根が壊れた施主さんは、気が重いのです。
病気と同じで、先ず費用の問題が真っ先に立ち、次にちゃんと直して貰える方を探す時間が、もう・・破壊的に・・面倒くさい

面倒臭いので、雨漏り修理なんかしたくない!と言う方もおられますし、過去に失敗したので慎重に慎重に考えて、 いつしか忘れてしまう方も

あ~他人を信用する程しんどい作業はありませんよね
私も過去に苦い経験がありまして、見事に裏切られる事ばかりでしたので気持ちはものすごく解ります。

最近の事例でしたら え~っと これ

KIMG1797

これは 穴に葉っぱがつまって雨漏りしていたんですけど
葉っぱ掃除してそのまま帰ろうとしたんですね。

そうしましたら施主さんが費用の事を言い出したので、じゃ1000円でいいですと言ったら
大騒ぎになって帰りづらくなって、施主さんが御近所に訪問販売しそうになって・・

それで何故1000円かといいましたら、難しい雨漏りではなかったからです。
私の無料診断は見識と考察を深めたいので、勉強したいので無料なのです。
あまりに遠いと交通費は頂く場合がありますけど。 スミマセン

どうしてこうなったのかは、過去謳いましのでもういいのですが、残された時間は、綺麗にしたいのです。
私は、社会的に成功したり、何らかの財を成す事に興味はありません。

それよりも人のストレスが無くなって普通のリズムに戻れる日常に目を向け尊重したい。
生きている限りそうしたい。

ある意味贅沢な選択かもしれません。
でも、何かの影響下で一日や人生が減って行くなんて嫌じゃないですか。
手作業の関わる業務はこういった形態と理念の管理が大変ですので、私のお店は最少人数で運営している次第です。

ですから私の診断と施主さんの判断織り交ぜて一緒に考えればもっと最善が見えるかもしれません。

信用という輝かしい2文字が掴めるかもしれませんね。