2015年10月25日

一縁でも安心を

KIMG0798
先日土曜日は鶯の拝みの欠損の補修と
KIMG0801
壁取り合い水切りの改善工事をさせていただいておりました。

KIMG0812
本日日曜日は少し遠方で、寄棟の雨漏りの原因と対策を御説明させて頂きました。
同時にこの環境と仕様で30年位の燻瓦の葺き替えが、何故必要無いかもご説明させて頂きました。
同時に何故葺き替えを勧められたのか?のご説明もさせて頂きました。

施主さんは誤診と適正をしっかり精査しなくてはなりませんから
慌てたらダメという事です。精査のお役に立てる様にこのHPの記事は御座います。

KIMG0817
大阪に戻りまして、15年位前から御信頼を頂いている御施主さんの雨漏り診断をさせて頂きました。
地図無しでもすぐさま参上出来るくらい周知しております。
いつも口約束で工事させて頂いております。

本日の高速は横風きつく苦笑いしながらの御訪問となりました。
横風も怖いですが、もっと怖い物は・・。

私は、なるだけ不必要な工事を避ける為に毎日技考を練磨しております。
不必要な治療で大切な人を見送ってからは、そりゃあ・・もう(笑)
これは、心の焼き印ですので何をしようと消しようが御座いません。
(最早、その為だけに存在しているような店で御座います。)

そこで、良いコピーは無い物だろうかと頭の中をまさぐり倒しておりました。
一円でも安くのコピーは、なんだか職方らしくないので・・

生まれたのは
一縁でも安心を。。これやな!!
とか造語を作って一人ほくそ笑む日曜日となりました。
早速、画像の編集に適用致します。