2015年07月20日

鶴見区の屋根雨漏り修理診断

鶴見区にて雨漏り修理診断をさせて頂きました。
淡路産56判オレンジ釉薬瓦
経過年数38年
勾配は3寸5分で土量も充分。水返しも施設してあります。
平部地瓦の排水に何の問題も御座いません。
今回の主な雨漏りの原因は台熨斗瓦の勾配が緩い事と
面土漆喰の出面が適正でない事に起因致します。

面土漆喰の損傷具合は外部からの返り雨の影響では無く棟土内部からの損傷で御座います。

台熨斗勾配が取れていない棟は多少の風圧でも内部に雨水が干渉されますので
既存瓦を利用した棟瓦の積み直しの御提案となります。

集水器廻りの詰まりの原因は劣化した取り合い漆喰の堆積か飛来物。(ボール等)
軒唐草目玉の破損がありませんので
これらに端を発します。
清掃で間に合いますのでどうか御安心下さいね。(^^;)

此の度は当店に診断御依頼
誠にありがとうございました。