2015年01月11日

生野区の雨漏り修理診断

CA3I0467

生野区にて雨漏り診断の御依頼を頂きました何時も当店に御信頼を頂きありがとうございます。
今回の屋根はトタンの小波と芯木有り瓦棒で形成されています。
種類も年代も違う屋根構造です。
これが意味する所は二階部は過去増築しているという事で御座います。

今回の雨漏りの原因の中樋の穴の原因
おそらくは増築時に写真の中樋に塩ビシートの防水を施した後
猫の排尿の際に爪を当て続けた結果の穴だと推測されます。
不規則な穴廻りの裂傷から判断致しました。

一時的に穴廻りの止水処理を施しました。
CA3I0468

未だ使用可能部位と交換が必要な中樋とそろそろ交換が必要なトタン小波と分化されておりますが
施主様の意向通り全面の改修工事の意向に準じて御提案させて頂きます。

本日は当店に雨漏り修理の診断を御依頼頂きまして誠にありがとう御座いました。