2014年05月04日

ゴールデンウィークをどう過ごすか・・

CA3I0817ゴールデンウィークをどう過ごすか・・?

当然屋根診断で過ごします。 😆
写真は本日診せて頂いた屋根ですが・・
今流行の数千円で直します工事の跡であります。
一か所だけ台熨斗が飛び出る症例は、あまり見た事はないのですが、
深く突っ込むのはやめにして、考察いたしますと、

ここから予想される経過は

二段目の熨斗合端口(強風時の水の落ち口をシリコンで塞いでりますので)棟内部に雨水が停滞しまくります。
おまけにセメント系の漆喰は更に入り込んだ雨水を停滞させ捲ります。(防水性能が高い故)
入り込んだ雨水は棟直下に停滞致しますが、家の僅かな傾き等で左右の野地板折れ継の窪みに走り出します。
(野地板折れ継が甘いと、予想するのは建売り住宅だからです。)
下葺きはビニトンですので最早へのツッパリにもならない二次防水ですから・・
裂傷している箇所に漏れ出します。
この場合垂木近くなら母屋当りが漏れの落ち口となり、垂木が関与していなければ棟木直下に漏れます。

そして・・
運よく銭金を追い倒さない施工店にめぐりあえればいいのですが
運悪くそうでない場合・・

ローンを組まされて結果の出ていない曖昧な建材で葺き替えられます。
死ぬまで塗装の繰り返しとなり、ここでまた変な塗装をされると・・

また葺き替え・・・

それならば・・最初から 棟の積み直しでええやんか!! (笑)

という事で本日も違う現場で応急処置させて頂きました。
CA3I0815

火災保険に加入しているものの、損害保険には入っておられない施主さんでも大丈夫。
万一私のこの止水処置が風で持って行かれても御近所に被害は一切派生致しません。

万が一・・・
チッコイ子供に当たっても・・
ウワっ!! (笑)
位で納まる費用対効果の高い、安全・安心の応急処置で御座います。
台風に負けた事は御座いません。

先輩に貰った言葉
法よりも人の道
人の道があるからこそ法も成り立つ.

これが人の世の文化で御座います。
蝶ネクタイにパンツ一丁とかおかしな生き方は何としてでも避けなければなりません。(笑)

脱線いたしましたが

頂いた言葉をブンブン振り廻しながら本日をなごり惜しみつつ・・お終いで御座います。