2013年10月23日

重たい話

1371618588rIsz_4XEGdOwort1371618587[1]

 

 

 

 

 

 

重たい話です。

昔2人の大切だった人が他界しました。

一人は、誤診と院内感染による。一人は末期ガン。

一人が残してくれた言葉は・・(最早口は開けない状態でしたが)

(俺は誤診で終わるが、お前は絶対誤診はするな)

一人はまだ小さな子供を抱えており(こんな病気もよう直さんのか!)と

主治医にかみつく・・

(こんな雨漏りもよう直さんのか!)と時に頭の中で置き換え、自問する。

 

親切・丁寧・匠・職人・名人・プロ・お任せ下さい・・・

やっぱりどんな言葉も弱い。全部二次的な物。

時に屋根修理・雨漏り修理は体どころか心も蝕んでいく機会を捕えます。

少し重たい話ではありますが、私を信頼していただいた方には上記2つは必ず現場に置いていきます。

親切・丁寧・匠・職人・名人・プロ・お任せ下さい・・・(殆ど興味無し)

茶の間の笑い← 非常に興味あり

 

別に重たい話ではありませんね  😆