化け物建材

本日も御近所の漆喰診断と、100年以上選手の屋根診断をさせて頂いておりました。

←雪害と凍てに戦い続けた黒燻瓦です。

野路は竹す。竹と縄紐で綴って思い切り土を塗り込んだ野路に

更に土葺きという小錦級の重さ、たぶん坪300kg、それがどうしたと言わんばかりの小屋組み。土はおそらくその色より察するに、近所の田の土と藁の構成。防火断熱に優れクーラーいらず。垂木、母屋、梁はその通気性能により今でも現役。

電気は後付で漏れ出しても、直ぐには解らないというおまけつき。

鉄砲台、木の梯子、草鞋、土差し、鉢巻この屋根が出来た時どんな感じだったんだろう・・など

想いを馳せておりました。地松・杉板なんぞ野路じゃねえ!とか言った職人さん必ずいるような気がする。天国に行ったら聞いてみよう。(笑)

ここまで持って行かれても未だこの化け物建材自体は雨を通しておりません。

この立地環境で本当に御苦労様でした。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。