ちょこっとした事

本日は、ちょこっと雨漏り修理で、

ちょこっと足場が要りそうでしたがお金掛かるしメンドクサイので

自作足場にて漆喰出過ぎの雨漏り修理をさせて頂いておりました。

ちょこっと2度押さえとかして鼻歌歌いつつ、近所の板金師の親方の現場にちゃちゃ入れに向かいました。

ちょこっと緩勾配長尺になればなるほど、必要な谷尻仕舞いなど見つつ、

さすが、解っている人は違うな~と安心し、

恐らく、この仕舞い付けてる谷は、一生見る事は無いだろうなと思いながら

現場百戦の青二才、屋根屋の日常は暮れて行きます。 

明日は、壁面の雨漏り修理終了後、築100年葺き替え済の京都の屋根の雨漏り診断に遠足です。

施主さん情報より。容易するもの

18000の胴縁、針金、ビス、ゴムアス

これで、最悪でも応急処置は何とかなるでしょう。

おそらく、おんどりゃ地瓦谷芯雁ぶりか五寸丸鼻際雨漏りか、落ち棟。京都ですので勾配は3寸以上。

おやつの予算は500円。

 

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。