石川県のお屋根

皆様今晩は

皆、無事で只今戻りました。

早速ですが行き先のお屋根の文化はこんな感じ


kyounomakionikawaradesu

onikawarakennyouhaitomoedesu

えっと経ノ巻鬼瓦が普通の民家でも良く使ってありました。

ほんで写真のような鬼瓦と巴の一体型の大きい拝巴など。

海岸線の瓦は塩害がきつかったり

桟瓦は谷深の文化だったり

輪島塗ゆえか圧倒的に釉薬瓦で葺かれている屋根が多かったです。

所変われば屋根瓦も土着性がでて、うろうろするたび、

大変楽しませてもらいました

後は花火したり


kaiganndenohanabidesu

海で遊んだり

rusubanntyuudesu

これは留守番中

大変充実した日々でした。

皆様お疲れ様で御座いました。

そんで、ペース配分まちがえて、たまにヨダレまみれになる

お手も、ちんちん、も何も教えていない、ほぼ忠犬のこの方

itigohirunetyuudesu

まあ~しゃあないですね。

常識的に(笑)、ご苦労様でした。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。