解り易い屋根漆喰工事の説明 説明は一番最後です。

本日は日曜日です。基本的に作業出来ない日ですので
屋根診断へ ↓

今回といいますか、4月3日の風害に逢われた御施主様の屋根
しかし、よく錆びた棟包み・・・塗装より交換をお勧めしました。
そんな高いもんじゃないですしね。
1分で風害前にもどさせていただきました。
3階建てですので、今回もおんどりゃ登りです。
うちでするかしないかは別として、本日から着工するまで安心して暮らしていただけます。
もう1つ

塩焼き君です。
棟積み替えて、追い当て地瓦調性でほぼ問題なし。いつも通りの御提案です。
おまけというか本題
(解り易い棟漆喰工事説明) 唐突に開始します。

急な土砂降りの雨に見舞われ、近くのテナントのテントに避難しました。
その時、テントの際に立つ人はいません。
そんな事をすれば、路面からの返り水が足にあたりますし、少し風が強ければ
体も濡れてしまいます。
出来るだけテントより中の方に避難されるとおもいます。
そこが 漆喰をぬるところです!!
解り易いでしょうか?

どうしてもわからない方は下記お問い合わせからご連絡ください。たぶんもう少しはわかりやすくメールで返信させていただきます。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。