平成23年度 雨漏り修理統括

最近の仕事はこんな雨漏りを修理をさせて頂いておりました。

パラペット内壁と笠木が原因の雨漏りとか

塗装後8年の毛細管雨漏りとダム現象雨漏りのコラボとか・・・

さて、今年の雨漏り修理診断の統括ですが、こんな感じです。

無知と施工不備による雨漏り  55%

経年劣化雨漏り        38%

災害による雨漏り       7%

おおまかに分けますと、こんな感じになりました。もちろん私個人の診断となりますので、数字に公共性はありません。それと、この数字は近畿圏内での数字です。

私が、19歳の時、屋根屋の人口比率は、石屋さんの次に少なかったことを記憶しておりますので、この数字は、劇的に減ることは、無いとは思いますが、これらの比率を踏まえ、これからも雨漏り修理におきまして、更なる技術と考察力を高めて行かなけらばならないと感じております。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。殆ど何も情報が無い時代から、皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ様々な雨漏りを【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

このHPではビル・工場・一般家屋を含めました雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【全ては神様と皆様のおかげです】since 1999.10.3

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。