大阪府・東成区の瓦屋根雨漏り修理診断(赤線部位の土痩せ不陸、シリコン塗装不備など大阪府・東成区の瓦屋根雨漏り修理診断)

御閲覧感謝致します。
本日は、大阪府・東成区の瓦屋根雨漏り修理診断をさせて頂きました。


一部京入母屋のこちらの屋根の野地ですが、土が痩せて赤線部位の不陸が発生致しております。
土痩せの原因は葺き土の少なさと内部結露が原因で御座います。

また


上記写真の様に地瓦谷部にシリコンを塗っておりますが、修理して5年後に雨漏りされているとのこと。

幾度となく私のホームページで警鐘を鳴らしておりますが、
この部位には何が何でも絶対にシリコンを塗ってはいけません。
余計に漏れますし再度の雨漏り発見時には、修理前より内部構造材木がより一層傷んでしまうからです。
棟漆喰も出過ぎで御座います。

また増改築後のこちらの瓦棒トタン屋根

赤線丸部位からの雨漏りですが、軒瓦に水垂れが無い地瓦使用ですので雨水が逆流したものです。
既に修理済みということで一応安心では御座いますが再点検の必要は十分御座います。

また瓦棒本体のメンテナンスですが、二液塗料による塗装か再度の板金カバー工法しか選択肢は御座いません。
勾配が足らず薄型化粧スレートは葺けません。
毛細管雨漏り、また瓦自体が水を吐けず、冬場の雨天の折必ず瓦裏からの凍み、凍てが標準勾配の屋根より生まれやすいからです。
結果苔だらけの屋根になります。

上記内容をふまえ今回は全体の修理また全面葺き替えの概算を診断時に御提案させて頂きました。
本日は、当店に瓦屋根雨漏り修理診断の御依頼誠にありがとう御座いました。
m(__)m

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。