(セメント瓦・塗装)メールで雨漏り診断

遠方にお住まいの方からメールで雨漏り診断を頂きました。
要約いたしますと、築32年・塗装3回目・切妻屋根・セメント瓦(おそらく富士スレート和型)

こんな原因による雨漏り↓

CA3I0122CA3I0269

下記が診断結果。

奥様と御電話にて少しお話させて頂きましたが、今回の○様の雨漏りの主な原因は劣化塗膜の剥離がダムの役割をする毛細管雨漏りです。
屋根平部の凹部にべったりと塗料が塗られていますと塗膜が劣化した折に正常な 水捌けが出来ずに
漏れるというよくあるケースです。(特に屋根勾配が緩いと発生頻度は上がります。)

対処方法は、漏水箇所中心に一度瓦を外して清掃後葺き戻すという作業で雨漏り は直ります。
瓦自体の機能・屋根勾配によりましては内部コーキングなどの雨返しを付ければ 更に安全になります。
棟が原因である可能性も否めませんが、おそらく一枚物の冠り瓦にて施工されている物と思われますので、
棟際平部が割れていない限り、雨漏りの原因としましては今回次点となります。

修理費用は実際現地に御訪問させて頂き総合的に判断致しませんとはっきりした 数字をお出しすることが出来ません。
劣化塗膜による毛細管雨降りの写真添付しております。御確認下さい。
宜しく御願い申し上げます。

私の文章力は無視して頂き、最低限↑の内容を理解している職人さんに修理してもらえれば大丈夫でしょう。

この記事を書いた人

【鈴木 大輔・広子】

【鈴木 大輔・広子】

皆様こんにちは。ご訪問ありがとう御座います。
【屋根工房きのした】親方の鈴木大輔です。

このホームページの記事は2011年から全て私達現場の職人達で綴って参りました。雨漏り修理といえど殆ど何も情報が無い時代から皆様から頂く御信頼と共に沢山の実例と気付きに支えられ【必ず直す】という個人的な意志を全うさせて頂きました。ご迷惑をお掛けした事もございましたが本当にありがとう御座いました。

一般家屋を中心としビル・工場を含めた雨漏りの事例や対処方法を86記事、技術考察記事を45記事程明記しておりますので御入用でしたら是非お役立てください。その中にはDIYで直せる雨漏りも混在していますが御自分でなさる際には安全には充分にお気を付け下さいませ。

引き続きまして今後共、何卒よろしくお願い申し上げます。
【共に恵まれ共に喜びましょう】

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。