2020年02月04日

価値判断をしない美しい人の話

(⋈◍>◡<◍)。✧♡ 皆さまこんにちは。寒い日が続きますね。私も冷凍ボールをつみれにしてほしいと何時も思います。あったか。ホクホク。

さて、今日も当店の親父衆はガヤガヤと美しい女性の方のお話でワイワイとしておりました。ちゃんと仕事している休憩時間でね。

まぁ、ドラマの中の女性の話です。
もう、あれですね、あれ。
あんたの姫様も姫様じゃが、わしらの姫様とは少し違うのぅ・・
コレです!
このノリ!!

ソロソロこれに乗らないと・・・。www

皆で想像の限りを尽くしましたが

あの人が撫子なのは、志だ!!とか
あの人が美しいのは、環境だ!!とか
色々意見が飛び交っていました。
僕の意見はと申しますと・・。

あの人が美しいのも
あの人が撫子なのも

価値判断をしないから。じゃないでしょうか?と。

悪く言えば八方美人ですけど、悪く言われても気にしてない
むしろ、悪く言う人の価値に初めからか、後からなのか解りませんけど触れれないという事だと意見しました。

つまり

貴方の価値は流動的で一定しないから解らない
貴方は男性としての経済力に価値を置くけど私はそれは視ない
貴方は若さに価値を置くけど私はそれを視ない

私が見たいのはあなたの価値じゃなくて
あなたその物
あなたの好きな物、あなたの愛する物、あなたが持つ夢

この様に

愛の内に在り愛が滲み先立ち、価値判断をしないから
志が立って、環境が整っていく無限ループなんでしょうね。

なので、今回の親父衆の話は、
だれも間違っていないという事になりました。www

その後・・・
美しいのぉ~と思いながらそれぞれの仕事に戻りましたとさ。(笑)

我々親父衆が美しく在れるかどうか?は

また、次回の講釈で。。。。

エンディング↓(笑)

(⋈◍>◡<◍)。✧♡ それじゃ お休みなさい。今日もありがとう。