12月14日皆様がこれだけ知っていたら先ず失敗しない雨漏り修理についての記事を現場の職人が綴っております。(⊹^◡^)ノ  

瓦屋根がズレなければならなかった理由

2016-12-05

瓦屋根がズレなければならなかった理由を歴史的に観て紐解いて行く記事となります。お時間が御座いましたら、是非お付き合い下さい。

 

こちらの瓦屋根の写真は平部の地瓦と言います部位がズレて雨漏りしております。
瓦屋根のズレ

瓦屋根がズレる外的要因

瓦屋根は碁盤の目の様に並んでおりますので、どこか一部が、堆積した雪によるねっぱり、鉄道や高速道路・一般道路が引き起こす振動、また軽度の地震や暴風雨に見舞われた際の僅かなズレが年数を追うごとに蓄積されていきますと、丁度碁盤の目が崩れていくようにズレが進行していく場合が御座います。

建築年数にもよりますが、後付けの鉄道や高速道路・一般道路が引き起こす振動は、竣工当時では意図できない瓦屋根がズレる理由でも御座います。

昔の瓦屋根は、屋根に土を置き並べて行く(これを葺くといいます)工法が主流でありました。土葺き工法と言います。その時代の瓦は焼成段階で出来る捻じれがあり、これを上手く調和させて葺きあげる為、また結露吸収や二次防水の役目として土葺き工法が必要でありました。

1970年前後、私の住む関西の燻瓦や明石市で焼成された瓦の極一部には写真の赤丸の部分に現在では必ず施設してある土に食い込まして屋根瓦のズレを食い止める機能の爪が、何故か?施設してありません。

昔の瓦屋根の裏面

地震大国の日本に於きまして、明治・大正・昭和と一般家屋の屋根にあり、充分な震災歴史を持つ瓦屋根が、土に食い込ます爪、瓦をズレから守る為の爪を何故?近代まであえて作らなかったのでしょうか

明治・大正・昭和と続く土葺き瓦屋根の歴史の意味は・・?

昔の瓦製造業者や職人は一般家屋にも普及しだした明治以降、何も考えていなかった人達だったのでしょうか・・?

いえ、そんな事は絶対ありえません。

その理由の真意は、いくら土葺き瓦屋根が高耐久・高耐候性を有していましても、(充分な予算で作る社寺・仏閣・文化財等を除き)

コンクリートを流用出来ない当時の一般家屋の基礎・耐力壁・小屋組みの耐震技術が瓦屋根の機能に圧倒的に追いついていなかった事が原因で御座います。

その為この時代の火災による延焼はもとより、地震に弱い家屋を守る場合の瓦屋根の役目は、大きな震災時の初動時、縦揺れの場合は束抜け・柱抜けなど小屋組の早期倒壊を防ぐ為には、瓦と土量で織りなす充分な重量が必要であり、

また、横揺れの際には自らを犠牲にして家屋の倒壊を防ぐ為あえて崩れて行かなければならない必要性も同時に有していました。

地震による死者を出さない様に(わざとズレ易くする為)瓦裏面の爪を近代まで施設してこなかった事は、上記の理由によるもので御座います。

※瓦屋根は雨でも風でも火災でも地震でも、常に自らを犠牲にして、屋根の下に住む人々を守ってきました。※

報道では見た事ありませんし、謳われる頻度も殆ど御座いませんが、これが本当の一般家屋を守り続けた土葺き瓦屋根の歴史で御座います。

この様に紡がれて来た瓦屋根の歴史や瓦屋根の機能と工法・人命への配慮を、いとも簡単に落ちる・重いとメディアが毎回報道しております。

非常に残念な思いをする機会が多いのですが、日本建築の歴史には必ずその当時の技巧と考察が存在しておりますので、歴史を点で捉える事をしないで、是非、線で捉えて正しく報道して頂きたいと思います。

歴史にもしはナンセンスですが、

もし、基礎・耐力壁・小屋組の耐震技術がもっと早くに確立されていましたら当時の瓦製造業者や職人は要らぬ忍耐や揶揄を避ける事が出来たと私は思います。

ズレさせない為だけならば、とっくの昔に工法や製法は当時の技術力で充分出来ていたと考えられるからで御座います。

以下は、自論であり、仮定でも御座いません。

少々飛躍した考え方では御座いますが、歴史を振り返りますと、瓦屋根でなければ大火・飛び火による死傷者が圧倒的に増え、地震による初期倒壊の犠牲者も大幅にあがり、この記事を読んで頂いている方も、私もひょっとしたらこの世に存在出来なかった可能性があるかもしれない・・。

 

以上の考察と土葺き瓦屋根の歴史に敬意を払いながら雨漏り修理や屋根修理に日々奮闘させて頂いております。

 

 

 

雨漏り修理費用(価格)についてお知りになりたい方はこちら→瓦屋根修理・雨漏り修理に必要な、適正費用と的確な診断

大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、で屋根瓦雨漏り修理でお困りの方は一度ご相談ください。
メールフォームからのお問い合わせはこちら↓
http://www.amamore.net/contact/(24時間受付中)お問い合わせに対するご返答は、必ず3日以内にしております。3日以上経っても返信がない場合はメール送信等トラブル他、お客様の迷惑メールボックスに返信が間違えてはいっている場合がございます。まずは迷惑メールボックスをご確認の上、誠に恐れ入りますが、月曜~金曜の8:00~17:00までに電話(06-6319ー5244)にご連絡くださいますようお願い申し上げます。 日祝日の休業日のお電話のお問い合わせは、お休みを頂戴しております。なにとぞご了承の程お願い申し上げます。

   トップページへ戻る↓
      http://www.amamore.net

伝統技法・銅樋制作・鮟鱇制作も承っております。

建築板金・手作り銅樋制作~取り付け迄

建築板金で使います手作りの銅製樋の制作~取り付け迄を倍速で動画にしてみました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金銅樋工事

建築板金銅樋工事を平成28年大阪府にて施工させていただきました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金・銅製隅飾り

建築板金・銅製隅飾りの動画です。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事 塗り方

H23年、大阪府摂津市にての屋根漆喰動画です(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事の下地処理

漆喰の寿命を決める大変重要な作業です。H23年吹田市にて(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

当店使用の主要副資材

屋根修理・雨漏り修理で当店が主に使用しております副資材です。(⊹^◡^)ノ

日鉄住金ガルバニウム

塗膜10年保障の遮熱塗装

ステンレスパッキンビス

錆びによる膨張割れ無し

屋根雨漏り修理施工エリア

屋根工房きのしたの特徴

雨漏り修理記事検索

屋根の修理 雨漏り修理など屋根のメンテナンス、葺き替えをお考えのお客様 すべての工事に関して職長である私が手掛けさせていただきます。
大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山県で屋根工事修理をご検討中の方、一度ご相談下さい。必ずお力になります。
屋根工房きのした 職長 鈴木大輔 〒5640039 大阪府吹田市清和園町9-16
電話:06-6319-5244 直通携帯電話:090-6752ー2822 FAX:06-7503-2115 営業・受付時間 午前8時~午後5時まで(日・祝日休業)

大阪府はもとより、兵庫県・奈良県・和歌山県に対応いたします。

旭区・阿倍野区・ 生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・大阪市西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区・堺市北区・堺市堺区・堺市中区・ 堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区・池田市・茨木市・交野市・門真市・四條畷市・吹田市・摂津市・大東市・高槻市・豊中市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・箕面市・守口市・八尾市・柏原市・羽曳野市・藤井寺市・松原市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・高石市・泉大津市・和泉市・岸和田市・豊能郡 豊能町・豊能郡 能勢町・三島郡 島本町・南河内郡 太子町・南河内郡 河南町・泉北郡 忠岡町

Copyright © 2011-2017 雨漏り修理,瓦屋根修理補修店,大阪,兵庫,奈良,和歌山へ安心を. All Rights Reserved.