2019年04月23日

足音

日差しも薄く、誰も干渉しない街

コンクリートの街並みは

守ってくれるが、跳ね返す

コンクリートに響く無数の渇きを覚えた足音は

跳ね返されて

また、何度も跳ね返されるけど

消えて無くなる訳じゃない

居場所を見つけて

受け止められて

受け入れられて

声に出せない程になるんだね

きっと声に出せない程の場所なんだ

それなら僕はまた安心して

足音を奏でながら

この場所を踏みしめて歩んで行ける

受け止めてくれて

ありがとう

受け入れてくれて

ありがとう

何時か僕もそちらに行きますね

お土産を一杯もった足音と共に参ります

 

※今日は岸和田市役所に印鑑証明を取りに行ってまして・・

そこのコンクリートが分厚くて守ってくれてる雰囲気と同時に

跳ね返されている様な心持ちになって綴りました。(笑)

明暗織り交ぜた微妙な雰囲気だす。

だす。w