2019年06月04日

水瓶

二人の先生と昔出会った

一人の先生はへつらっている様に感じたが
実はへりくだる賜物を持つ方だった

一人の先生は高く感じたが
実は間口を広く持つ賜物の方だった

底を守り
間口を広げ
潤いの溜るその水瓶は
熱く病んだ手を冷やし
冷たく縮んだ手も温める
何時もそこに赴けば在って
喉を潤し
涙跡をも優しく映してくれていた場所

私はその様な一切を
先ずはこの場で捉え切りたいです