2019年03月25日

実と種

親愛なる方へ
実りの後は種を捲きます。
己の想いの種成らず
あなたの想いの種を捲きます

私は貴方が描いた

愛のお手伝いがしたいのです
救いのお手伝いがしたのです

それが私の描く物

長き雨にも腐らず留まり
長き日照りにも黙して忍び
長き風にも飛ばされる事も無い

そんな貴方の全き種を捲きたいのです。

私の器には
その種はありますでしょうか

私の体には
その種を捲く力が未だあるでしょうか

親愛なる方へ

世の栄光は世に御返しします
貴方の栄光は必ず貴方に御返しします。

必ず私は
愛の内に留まり続けます。

親愛なる方へ
何時も共に居て
支えて下さる事を憶えております。

私は貴方と共に働きたい
私は愛と救いの為に働きたいのです。

唾を吐き、嘲り、鞭打つ者の可能性を信じて疑わなかった貴方の愛
私もその愛の内に留まり

そうして続きます。

私は貴方に繋がれた枝でもあり
華でもあり
実でもあり
種でもありますから

とりあえず・・
(`・ω・´)ゞ<よっしゃ~!!!
と、叫んで・・

そして今日は腰痛いです。(笑)
それから
きっとって
ええ言葉ですね。

皆、肉の親、霊の親がいます。もしくは居てました。
謹んで命を削った方がいます。
ですが理想の中に在って感情を殺せとは言えません。
ただ
時には一時的感情より二次的感情の方がより本来の自分なのかもしれません。
そうしますと
きっと・・
絶える事無き期待とかは・・もう最高の二次的感情の言葉となります。
あ~惚れる~、惚れ捲っちゃう~w

その様な訳でして

また明日で御座います。お休みなさいませ。
体とか色々温めて下さいませ。
僕もそうします。あったか~にします。w

m(__)m