9月26日皆様がこれだけ知っていたら先ず失敗しない雨漏り修理についての記事を現場の職人が綴っております。(⊹^◡^)ノ

瓦屋根修理や雨漏り修理に必要な適正費用と的確な診断

 屋根修理や雨漏り修理費用はおおよそ幾ら位掛かるのでしようか?皆様の修理費用の目安となります様に作成致しました。 🙂

私共に限りましては、可能な限り葺き替え工事等の大規模改修工事の御提案をせず必要不可欠な修理工事で皆様の御信頼を多々頂いております。当店での高額大規模改修工事が必要な程の屋根雨漏り修理データは阪神淡路大震災後でありましても、全修理工事の約5%を切っております。¥27500~¥300000迄の改修工事が約80%を占め、何れも100%完治済みです。

※立地条件や屋根勾配・屋根形態・足場の必要性の有無など実際の必要金額はご訪問しなければ解らない場合が殆どですから、あくまでも目安として下さい。建築様式の多様化により雨漏りの原因も複雑化しておりますが、代表的な修理費用の実例を一部掲載させて頂いております。

(私から皆様へ)
何時も必要不可欠な工事見積もりの御提案をしております!ですが、こりゃ~厳しい!という屋根や家屋も偶に診断依頼を頂く事も御座います。ご期待に添えない見積もりになった際には何卒、何卒ご容赦下さい。 😥

屋根修理費用のご案内
八谷陸棟尻オーバーフロー型屋根雨漏り修理 屋根勾配無視不適合建材使用型屋根雨漏り修理 寄棟地瓦施工不備型屋根雨漏り修理
八谷陸棟尻オーバーフロー型雨漏り 屋根勾配無視不適合建材使用型雨漏り 寄棟地瓦施工不備型
屋根雨漏り修理費用
93,500
屋根雨漏り修理費用
82,500
屋根雨漏り修理費用
165,000
谷樋交換・棟一部積み替え・鬼首漆喰・棟尻は鋼板カバー(工期・二日) 下地ウレタンコーキング調整後、二液ウレタン防水にて対処・板金カバーでもOK(工期・二日) 雨漏りしている面土撤去後、桟瓦差し替え・漆喰全棟塗り直し(工期・二日)
隅、降り棟トンネル詰まり型屋根雨漏り修理 隅棟熨斗瓦二段水平化型屋根雨漏り修理 ドブ谷オーバーフロー型屋根雨漏り修理
隅棟、降り棟トンネル詰まり型雨漏れ 隅棟熨斗瓦二段水平化型雨漏り 軒先両二軒取り合い谷オーバーフロー型雨漏り
屋根雨漏り修理費用
27,500
屋根雨漏り修理費用
275,000
屋根雨漏り修理費用 
88,000
高圧洗浄機にて対処致しました組鬼漆喰の剥離でスタート。八箇所洗浄(工期・一日) 棟瓦全面葺き直し・追い当て調整・漆喰塗り直し・ (工期・四日) 箱樋カラー鋼板交換・万十唐草締め直し・コーキング撤去(工期・二日)
晒し葺き部穴開き型屋根雨漏り修理 地瓦土痩せ逆勾配化型屋根雨漏り修理 漆喰塗りすぎ型屋根雨漏り修理
腰葺きサラシ部穴開き型雨漏り 桟瓦土痩せ逆勾配化型雨漏り 漆喰二段目チリ超塗りすぎ型雨漏り
屋根雨漏り修理費用 
38,500
屋根雨漏り修理費用 
5,500
屋根雨漏り修理費用 
110,000
穴の空いた箇所に銅板を引き直します。(工期・一日) 屋根瓦を一枚かえました。漏れの第二段階で発生(工期・一日) 漆喰撤去後、面土を適正レベルまで掘り、その後漆喰施工(工期・二日)
新建材スガリ部位施工不備型屋根雨漏り修理 増改築樋壁内埋め込み型屋根雨漏り修理 袖部地瓦谷釘打ち毛細管型屋根雨漏り修理
新建材スガリ部位施工不備型雨漏り 増改築樋壁内埋め込み型雨漏り 袖部桟谷釘打ち毛細管型雨漏り
屋根雨漏り修理費用 
5,500
屋根雨漏り修理費用
44,000
屋根雨漏り修理費用 
61,600
カラー鋼板とシリコンで対処。結構あります。(工期・一日) 増改築を繰り返すとたまに発生します。要配管技術(工期・二日) この部位は工事単価は安いですけど、総合的な診断能力が試されます。軒は無し(工期・一日)
谷尻地瓦谷芯ズレオーバーフロー型屋根雨漏り修理 東鬼取り合い部土佐漆喰劣化型屋根雨漏り修理 入母屋蓑甲留熨斗使用型外部屋根雨漏り修理
谷樋尻桟瓦谷芯ズレオーバーフロー型雨漏り 東鬼取り合い部土佐漆喰劣化型雨漏り 入母屋蓑甲留熨斗使用型外部雨漏り
屋根雨漏り修理費用
275,00
屋根雨漏り修理費用
38,500
屋根雨漏り修理費用
33,000
雨の流れが理解できれば至って簡単です。(工期・一日) プライマー処理後・防水シリコンその後、樹脂漆喰or防水漆喰が今の所最強と(工期・一日) 関西特有の止め熨斗蓑甲・・葺き上がりから雨水入りまくります。(工期・一日)
壁際雨押さえ仕舞い不備型屋根雨漏り修理 壁際捨て谷無し仕舞い型屋根雨漏り修理 陸棟経年劣化熨斗瓦水平化型屋根雨漏り修理
壁際雨押さえ仕舞い不備型雨漏り 壁際捨て谷無し仕舞い型雨漏り 陸棟経年劣化熨斗瓦水平化型雨漏り
屋根雨漏り修理費用
38,500
屋根雨漏り修理費用
27,500
屋根雨漏り修理費用
121,000
こちらも訳が分からずシリコンベタ塗りのお家も結構見ますので本当の屋根屋に直して貰ってください(工期・一日) カラー鋼板捨て谷施工にて対処(工期・一日) 御覧の通り塩焼き瓦のラバーコーキングの残骸です。当店はどんな屋根でも雨漏りは止めます(工期・二日)
寄棟追い当て施工不備型屋根雨漏り修理 桟瓦割れシリコン塗布型屋根雨漏り修理 集水器・軒樋破損雨水直下型屋根雨漏り修理
寄棟半端勝手施工不備型雨漏り 桟瓦割れシリコン塗布型雨漏り 受け樋破損雨水直下型雨漏り
屋根雨漏り修理費用 
275,000
屋根雨漏り修理費用
5,500
屋根雨漏り修理費用
27,500
この葺き方の癖は棟全面に有りました。(工期・四日) 屋根瓦を一枚かえるだけですみました。(工期・一日) 這樋然り、縦樋然り、樋が関係する雨漏りは至って簡単です(工期・一日)
谷樋劣化型屋根雨漏り修理 庇部噛み合わせ部位凹化型屋根雨漏り修理
谷樋腐食穴開き型雨漏り 庇部噛み合わせ部位凹化型雨漏り
屋根雨漏り修理費用 
49,500
屋根雨漏り修理費用
27,500
この谷樋交換も瓦・板金職人でないと綺麗に地瓦を谷樋新調後元に戻せません。(工期・一日) ハゼからの漏水です。修理補修は至って簡単です。(工期・一日)

 

瓦屋根修理・雨漏りなどの修理・補修などの費用(施主様の家の立地条件によるところ多々ございますので目安とさせて頂きます)
雨漏り修理・補修 一ヶ所・標準工事費 27500円
瓦差し替えだけで止まる雨漏り修理 1ヶ所 5500円
棟・漆喰工事 1mあたり 2200円
棟・面土のし瓦二段目目地奥調整(古漆喰撤去費込) 1mあたり 1100円
隅、下り、陸、鬼首防水(漆喰込) 一ヶ所 1100円
各種ガルバニウムカバー工事 1㎡あたり 5000円~
日本瓦葺き替え 1㎡あたり 9900円~
平板瓦の葺き替え 1㎡あたり 7900円~
耐震・耐風強化棟工事 1mあたり 13000円~
防水板金工事 1箇所あたり 65000円~

 

ラバーコーキング・ラバーロック補修など(雨漏り修理に於きまして殆どの屋根に必要ありませんが、実際施工するならばこれ位の費用です。また、当店では表面に塗布致しません。
シリコンによる瓦止め ラバーコーキング ラバーロック 1㎡あたり 1100円
地瓦調整費(必要の場合) 1㎡あたり 550円

 

葺き替え工事は最終手段と捉えていてください。切妻屋根を前提としまして現在流行の平板瓦(洋風)に葺き替えた場合です。
古瓦・残土撤去費・下地調整費・雀口調整費 1㎡あたり 3000円~
コンパネ施工費(9mm)・ルーフィング張り替え費用・桟木打ち費用 1㎡あたり 3300円~
平板瓦施工費・棟込・捨て・軒水切り込 1㎡あたり 7700円~
日本瓦(いぶし瓦)施工費 1㎡あたり 9900円~
一般的な屋根15坪で計算しますと15×3.3×13750=680、625円となります。日本瓦(いぶし瓦)ですと15×3,3×15950=789、525円となります。あくまで概算ですので実際のお見積りは、現地を拝見させて頂く必要性が御座います。また9mmコンパネですが野地板を撤去した場合は、12mmを使用致します。

屋根の事が全く分からない方、どこに頼めば良いのか思案されている方は、業者本位・利益本位のメンテナンスを避ける為にも下記の項目だけは必ず目を通しておいて下さい。現在でも御相談が非常に多い内容となります。

特に下記の屋根診断事項は、施工業者の知識不足か経験不足の可能性が御座います。

😥 瓦屋根を軽くすれば完全な耐震化が図れますか?

🙂 瓦屋根を撤去し屋根を軽くすれば耐震化は図れますが躯体の状況により完全な耐震化は図れません。耐震が目的のメンテナンスでしたら屋根と家屋の構造双方に費用を掛けなければならない場合があります。

😥 屋根材に塗装すれば雨漏りが直ると言われました?

🙂 スレート屋根にありがちな誤解。屋根材の雨水の浸透率は年数を追って高まって行きますが、雨水を貫通する程脆弱な屋根材は当店に限りましては拝見したことが一度もありません。原因は他に御座います。

😥 うちの瓦や屋根材は廃版って本当?

🙂 F型の瓦や問題の多かったスレート等実際に販売中止となったり事業撤退となった製品も御座いますが、日本瓦はどの様な形(役物)等も現在でも販売しております。

😥 釉薬瓦の僅かな亀裂(焼き物特有の貫入)を寿命と言われました

🙂 釉薬瓦(素地に釉薬を塗って焼成された瓦)茶器や花瓶と同様に細いひび割れの様な現象(貫入)がありますが、これを持って瓦の寿命とは言えません。釉薬瓦は愛用されて約50年の歴史を辿りますが、明確な寿命は立地環境にも左右され未だ判明しておりません。

😥 ラバーロック(シリコン)の塗布量を問わずもう葺き替えしかない?再度のラバーロック瓦止めは有効?

🙂 僅かな量のラバーロックやシリコン工事の後発生した雨漏りは直せます。その状態から更にシリコンで雨漏りを直す事だけは避けた方が賢明で御座います。本当に葺き替えしか選択肢が無くなってしまいます。

😥 瓦その物が水を通して雨漏りするの?

🙂 瓦自体は1000年超えても水は通しません。その場合は毛細管雨漏りです。

※更にこちらの項目も御一読下されば、安心で御座います。※

い漆喰を剥がさないで重ね塗りや塗り過ぎた面土漆喰工事の修理提案

屋根の構造上雨漏り修理に全く効果が御座いません。
排水量が落ちさらに劣化が進行致します。
雨の当たらない部位でも古漆喰の剥離は基本となります。
必要の無い漆喰工事

※日本瓦棟の構造が良く解ってない方の場合この工事の提案になる傾向があります。
より詳しく御知りになりたい方はこちらも御一読下さい。
屋根漆喰工事で雨漏りはなおるのでしょうか?
屋根漆喰工事の補修・修理塗り過ぎ警報・注意報

雨漏りを修理したいだけなのに・・まだまだ使える瓦の葺き替えのみの提案

緩勾配不適合建材使用屋根や著しい劣化を伴う屋根を除き修理と葺き替え両方の技術が必要です。
また屋根の軽量化は現在御使用の瓦でも可能です。
(緩勾配不適合建材使用屋根・・その屋根材では屋根の角度(勾配)が足りず僅かな埃の堆積で雨水が簡単に廻ってしまう屋根の事。)

瓦の寿命と言われていた屋根

※日本瓦の修理技術が無い方の場合に自社で施工可能な建材への葺き替え提案となるケースが多いようです。
主に下葺き材・ルーフィングの破損や破れからの提案が多数を占めますのでより詳しく御知りになりたい方はこちらかも御一読下さい。
ルーフィング破損・張り替えで雨漏りは直りますか?
葺き替えないと雨漏りはなおりませんか?

コーキングによる瓦屋根全面塗布

雨漏りは一時的に止まるかもしれませんが直っていません。
この場合は平部の堆積した埃の清掃で対処致します。
コーキングの寿命と共に雨漏りは以前の状態よりひどくなり、再生工事にまた余計な費用が必要となります。
少し塗る程度なら問題御座いません。
全面でなければ例えコーキングを施工した屋根でも葺き替えずに修理は充分可能で御座います。

瓦止め工事弊害

※日本瓦の修理技術が無い方の場合や数千円の樋掃除・漆喰補修からシリコンコーキングの全面塗布の提案となるケースが多いようです。
より詳しく御知りになりたい方はこちも御一読下さい。
ラバーロック・コーキング瓦止め工事で雨漏りは直りますか?
ラバーロック・ラバーコーキングによる雨漏り修理事例

単価は安いが実測値の大幅な水増しや理解不能の項目

(敷地面積の2倍の屋根面積にて積算)

鋼板カバー工事(立平、晒し葺きにおいてガルバニウムでは無く亜鉛メッキ鋼板使用。

たまに拝見致します。

追加工事・不安を煽る営業等

現実に初期の見積もりから倍の金額を支払われた方もおられました。
また、全く見当違いの費用が掛かる工事を優先後に雨漏りは直らず追加工事の提案を受けた方もおられました。

失敗は誰にでもあります。技術者としての恥を重んじるなら直すと言った以上例え赤字でも直さなければなりません。

全てとは言えませんが依頼を受ける為の初期見積りが極端に安い工事も注意が必要です。

今に大変な事になると心に不安な緊張感を持たされその緊張から解放されたいが故に工事依頼を急いでしまう。

この様な場合は高確率で改悪工事になる危険性も高くなります。

なにも触らなくて良い屋根も御座います。

中古物件を御購入された方やオーナーチェンジ等で雨染みを確認された時あわてて修理工事を急がない様にしてください。
前オーナー様が既に修理済みかもしれません。
庇鋼板の雨音や、谷樋の反響音・小動物の排出物など雨漏りしていないケースも多々御座います。

雨漏りでは無い反響音

誤診による不必要工事を避ける為に雨染みを発見しても本当に雨漏りしているかどうか暫く様子をみて頂く事が重要で御座います。

雨漏りでお困りの方、屋根修理の必要性を感じておられる方にありましては、専門家とまでは言いませんがある程度の屋根の知識・雨漏りの知識を持つことがご自宅の屋根と財産を守る為必要不可欠で御座います。

まだまだ拙いホームページですが、皆様の修理メンテナンスのお役に立てましたら幸いで御座います。

屋根工房きのした 鈴木大輔

雨漏り修理費用(価格)についてお知りになりたい方はこちら→瓦屋根修理・雨漏り修理に必要な、適正費用と的確な診断

大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山、で屋根瓦雨漏り修理でお困りの方は一度ご相談ください。
メールフォームからのお問い合わせはこちら↓
http://www.amamore.net/contact/(24時間受付中)お問い合わせに対するご返答は、必ず3日以内にしております。3日以上経っても返信がない場合はメール送信等トラブル他、お客様の迷惑メールボックスに返信が間違えてはいっている場合がございます。まずは迷惑メールボックスをご確認の上、誠に恐れ入りますが、月曜~金曜の8:00~17:00までに電話(06-6319ー5244)にご連絡くださいますようお願い申し上げます。 日祝日の休業日のお電話のお問い合わせは、お休みを頂戴しております。なにとぞご了承の程お願い申し上げます。

               

      トップページへ戻る↓
      http://www.amamore.net

伝統技法・銅樋制作・鮟鱇制作も承っております。

建築板金・手作り銅樋制作~取り付け迄

建築板金で使います手作りの銅製樋の制作~取り付け迄を倍速で動画にしてみました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金銅樋工事

建築板金銅樋工事を平成28年大阪府にて施工させていただきました。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

建築板金・銅製隅飾り

建築板金・銅製隅飾りの動画です。(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事 塗り方

H23年、大阪府摂津市にての屋根漆喰動画です(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

屋根漆喰工事の下地処理

漆喰の寿命を決める大変重要な作業です。H23年吹田市にて(⊹^◡^)ノ(当店施工動画)

当店使用の主要副資材

屋根修理・雨漏り修理で当店が主に使用しております副資材です。(⊹^◡^)ノ

日鉄住金ガルバニウム

塗膜10年保障の遮熱塗装

ステンレスパッキンビス

錆びによる膨張割れ無し

屋根雨漏り修理施工エリア

屋根工房きのしたの特徴

雨漏り修理記事検索

屋根の修理 雨漏り修理など屋根のメンテナンス、葺き替えをお考えのお客様 すべての工事に関して職長である私が手掛けさせていただきます。
大阪、兵庫、京都、奈良、和歌山県で屋根工事修理をご検討中の方、一度ご相談下さい。必ずお力になります。
屋根工房きのした 職長 鈴木大輔 〒5640039 大阪府吹田市清和園町9-16
電話:06-6319-5244 直通携帯電話:090-6752ー2822 FAX:06-7503-2115 営業・受付時間 午前8時~午後5時まで(日・祝日休業)

大阪府はもとより、奈良県・京都府・兵庫県・和歌山県に対応いたします。

旭区・阿倍野区・ 生野区・北区・此花区・城東区・住之江区・住吉区・大正区・中央区・鶴見区・天王寺区・浪速区・西区・西成区・大阪市西淀川区・東住吉区・東成区・東淀川区・平野区・福島区・港区・都島区・淀川区・堺市北区・堺市堺区・堺市中区・ 堺市西区・堺市東区・堺市南区・堺市美原区・池田市・茨木市・交野市・門真市・四條畷市・吹田市・摂津市・大東市・高槻市・豊中市・寝屋川市・東大阪市・枚方市・箕面市・守口市・八尾市・柏原市・羽曳野市・藤井寺市・松原市・大阪狭山市・富田林市・河内長野市・高石市・泉大津市・和泉市・岸和田市・豊能郡 豊能町・豊能郡 能勢町・三島郡 島本町・南河内郡 太子町・南河内郡 河南町・泉北郡 忠岡町

Copyright © 2011-2017 雨漏り修理,瓦屋根修理工事店,大阪,京都,兵庫,奈良へ安心を. All Rights Reserved.