2019年08月27日

大阪市生野区の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!

大阪市生野区で頂きました雨漏り修理や屋根修理!の現場レポートです!私共の修理経験や技考察の全てを何時もお伝えしております。

大阪市生野区の皆様、その節は本当にありがとう御座いました!

私共、屋根工房きのしたは昭和38年創業。現場経験40年以上のベテラン職人を筆頭にどうすれば最善の費用対効果を皆様にお届けできるのか?その旗印を理念と掲げ、長年深く追及してきた雨漏り修理・屋根修理専門の職人で構成された工事店です。

ホームページは2011年6月から更新し続け、皆々様が末長く安心できる現場調査と修理費用の御提案を何時もお届けしています。
(`・ω・´)ゞ

(屋根工房きのした 御挨拶)

(何故愛の現場レポートを書き続けようと思ったのか?その御説明となります。)

(私共の代表的な職人技術の動画です)

(調査時に直る雨漏りはその場で直しています)

(DIYで処置出来る可能性もある事例の動画となります)

(ブルーシートの雨漏り応急処置を耐用年数3年の応急処置に変えます)

 

(@^^)/ 修理工事での疑問?質問?が非常に多く寄せられましたので綴りました下記の記事もよろしければ合わせて御覧下さいませ。きっと疑問が晴れてお役に立てると思います。

~雨漏り修理・屋根修理・つの極意~

①瓦屋根修理や雨漏り修理に必要な適正費用と的確な診断

実際に雨漏りが発生した場合。皆様の修理費用の目安となります様に作成致しました。雨漏り修理は現場調査から始まりますので同じケースで雨漏りした場合でも立地や家屋形態で修理費用は変化致します。

②屋根を葺き替えないと雨漏りは直りませんか?

雨漏りが派生した場合に屋根勾配、躯体の経過年数、屋根の痛み具合、立地環境、御予算、総合的に判断して葺き替えが良い場合も御座います。雨漏りだけを直して欲しいという方には修理と葺き替え双方の施工技術が必要であると私共は考えております。常にお困りの方の傍に立つご提案を心がけています。

③ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?

ラバーロックやコーキングを用いた雨漏り修理工事の詳細を明記しております。コーキングとは隙間を埋めるという意味であります。隙間を埋めてしまうとかえって雨漏りを引き起こしてしまう場合が御座います。どの様な時に雨漏りが悪化してしまうのか?自然現象を加味した考察記事となります。

④屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?

屋根の漆喰工事で雨漏りが直らない場合が御座います。何故漆喰工事で雨漏りが直らないのか?写真と解説を添えてご説明させて頂いております。屋根の漆喰は分厚く幾重にも塗れば強固になると誤解されている方は是非ご一読して頂きたいと思います。

⑤屋根ルーフィングが破損・張り替えで雨漏りは直りますか?

屋根の下地材で用いる防水シート・ルーフィングの役割を御説明しております。雨漏りの原因が防水紙の破れから発生しているとご提案された方はこの記事を読んで頂き適正な屋根診断を受けれます様にとの想いで作成致しました。

⑥スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策

スレート屋根が雨漏りする原因をピックアップしております。スレート屋根とは圧縮したセメントを用いた屋根材で軽量化を計ったり、コストを抑 えた半面、メンテナンスの頻度が高くなる屋根材です。コロニアル・カラーベスト・モニエル・大波・小波・日本瓦風・平板風、などの形態が普及しています。

⑦DIYでお役立ち!雨漏り修理情報

雨漏り修理は危険な作業を伴いますが、全ての箇所が危険という訳でもありません。御自分で直さざる得ない状況もあると思います。そんな時の参考にして頂けましたら幸いです。安全には充分注意して下さいね。

 

(目次)
生野区の雨漏り調査2019年8月24日
生野区の雨漏り修理調査2019年8月22日
ケラバ板金の浮きを直しました2018年10月8日
生野区で雨漏り修理を致しました2018年5月16日
雨漏りで悩む施主様(大阪市・生野区にて)2017年10月7日
生野区の雨漏り修理診断 2015年1月11日
生野区屋根雨漏り修理診断2013年7月15日
波板交換・大阪府生野区(ステンレスフックボルト)2012年1月17日
雨漏り修理・補修診断・大阪府生野区(屋根瓦陸棟の雨漏り)2011年9月4日
大阪府・生野区・換気ガラリ雨漏り修理・補修診断2011年8月28日

 

生野区の雨漏り調査2019年8月24日


生野区にて雨漏り調査にお伺い致しました。
今回の雨漏りの原因は壁面サイディングの雨水の横走りやシールの欠損から起因しております。
風雨がこの一面にだけ当たり過ぎる環境ですので、一面だけカバーを掛ける工事、綺麗に雨水が上下に流れる工事の御提案をさせて頂きました。

また、波板の交換工事の御依頼も頂きました事感謝申し上げます。
m(__)m

この度は私共に御声を掛けて頂きまして誠にありがとう御座いました。!!

(`・ω・´)ゞこちらはその時の動画となります

生野区の雨漏り修理調査2019年8月22日


生野区にて雨漏り調査にお伺い致しました。
今回の雨漏りの原因はアルミテラスの支柱に埃が堆積して鉄板小波に穴が開く事に起因しています。


それとは別にしまして
アルミテラスの波板の破損により、アルミテラスを固定する際に打ち込んだ壁面へのボルトが更なる雨漏りを呼ぶ可能性を秘めておりますので、こちらの改善工事も同時に御提案させて頂きました。m(__)m

この度は私共に御声を掛けて頂きまして
誠にありがとう御座いました!!

(`・ω・´)ゞこちらはその時の動画となります。

ケラバ板金の浮きを直しました2018年10月8日


以前にお世話になりました施主様から御連絡をいただきまして大阪市生野区の台風被害の状況確認にお伺いさせて頂きました。
今回は別件の家屋の修理調査依頼となります。
写真で確認出来ます様に瓦棒屋根のケラバが今回の風害で浮かされている状況で御座いました


この程度でしたらその場で対応する事が出来ます。
他にセメント瓦の欠損も御座いましたが、そちらは仮の処置でお見積りという運びとなります。
何時も事ある度に御信頼をお寄せ頂きまして誠にありがとう御座います!

m(__)m

生野区で雨漏り修理を致しました2018年5月16日


生野区で雨漏り修理を致しました。
今回は調査と工事がセットとなります。その場で直るならお直し出来るケースです。
写真の様に施主様はバケツで雨水を受けている状態でした。
早速屋根に上がります。


漏水量から察すると、写真の谷板の裂傷、またはピンホールと考えましたがそれだと漏水位置が僅かですが違います。
波トタンの壁面を捲ります。


壁面内部に施設している集水器が埃とスレートの綿で詰まっておりました。
この部位のオーバーフローによる雨漏りとなります。


コロコロどばーっと詰まっていたゴミを清掃して雨漏りは直りました。
何時か谷板も交換した方が良いですね。

この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして
誠にありがとうございました! 🙂

雨漏りで悩む施主様(大阪市・生野区にて)2017年10月7日

先日の現場作業終了後に4度目の雨漏りに悩む施主様のご相談に乗っておりました。
現場は大阪市生野区です。スマートフォンの自撮りモードが役に立ちます。 😉

雨漏りが発生している箇所は2階の窓枠です。丁度写真の窓の下が2階の雨漏りしている箇所で御座います。
既に2階の窓廻りの亀裂やクラックはシーリング処理されていましたのでそこは問題ありません。

ただ雨漏りは侵入口と排出口との距離が必ず近いとは限らず私の経験では最大12m離れていた事もございます。
ですからこの3階の窓の青線で示した所を取り敢えずシール処理すれば改善が計れますと御提案致しました。

この壁面はここだけでなくあちこちにヘアクラックやクラックが発生しており足場の施設もままなりません。
ですから確実に直るとは言い切れず改善が計れますと御提案した次第です。

また今回で4度目の雨漏りですから、施主様の心情も理解出来ます。
出来るだけこれ以上の出費は控えたい所ですよね。

さして危険性もありませんから御自分でこの箇所を直してみるとの事でした。
劇的に改善するのは解っているものの外部雨漏り(肉眼で確認出来ない)雨漏りは完全に抑える事が出来ないのが心苦しい所で御座いました。
何れにいたしましても何時でもご相談下さいね。 😀
この度は私共に御信頼をお寄せ下さいまして、誠にありがとう御座いました。!!

生野区の雨漏り修理診断 2015年1月11日

CA3I0467

生野区にて雨漏り診断の御依頼を頂きました何時も当店に御信頼を頂きありがとうございます。
今回の屋根はトタンの小波と芯木有り瓦棒で形成されています。
種類も年代も違う屋根構造です。
これが意味する所は二階部は過去増築しているという事で御座います。

今回の雨漏りの原因の中樋の穴の原因
おそらくは増築時に写真の中樋に塩ビシートの防水を施した後
猫の排尿の際に爪を当て続けた結果の穴だと推測されます。
不規則な穴廻りの裂傷から判断致しました。

一時的に穴廻りの止水処理を施しました。
CA3I0468

未だ使用可能部位と交換が必要な中樋とそろそろ交換が必要なトタン小波と分化されておりますが
施主様の意向通り全面の改修工事の意向に準じて御提案させて頂きます。

本日は当店に雨漏り修理の診断を御依頼頂きまして誠にありがとう御座いました。

生野区屋根雨漏り修理診断2013年7月15日

1373831793Mk4YKmgxNSWrn_U1373831793[1]
生野区にて屋根雨漏り修理の診断をさせて頂きました。
ありがとうございました。
今回の雨漏りの始点は20年前に増改築された芯木有り瓦棒と軒先地瓦との取り合いです。

先ずこの取り合いの溝板の凹化が躊躇でした。
この凹みが竣工時の物なのか再塗装時に出来た物なのか?何れに致しましてもこの屋根の最大水量の上がる部位の凹みは致命的であります。
また各部位におきましても地瓦谷芯直下水流を瓦棒キャップに当ててしまう事は容易に吸い込みを発生させてしまいます。
三晃式であれ丸ハゼであれ瓦屋根からの水流を水切りにて一度切る配慮が必要であります。
吸い上げはまた劣化塗膜によるものと元々の瓦棒屋根勾配が緩い1寸勾配ですので更に水切りの重要性は上がります。
地瓦の出寸法も雀口まで8分しかありませんので地瓦軒裏に水が廻られますと漏水の始点が分化致します。
これらの考察を持ちまして部分修理にて雨漏りは完全に直り、双方の建材の耐久限度まで必ず持って行けます。
今回も20年前に葺き替え済みの瓦屋根の再度の葺き替えの必要性は全くありませんので御安心下さいませ。
此の度は当店に雨漏り修理診断御依頼誠にありがとう御座いました。

波板交換・大阪府生野区(ステンレスフックボルト)2012年1月17日

御閲覧感謝致します。
本日は、大阪府生野区にて、波板の交換工事をさせて頂きました。
今回は入居されてからもう3回も波板の交換をされていた御客様でしたので、強風対策にうってつけのステンレスフックボルトとポリカ波板を施工させて頂きました。

既に御施主様が既存波板撤去済でしたのでスムーズに交換工事がはかどりました。
ありがとうございます。

撤去後の写真

そして、ステンレスフックボルトを引っかけて締めます。

塩ビフックと違い、調整力、耐久力、耐風力は格段に向上したと思います。
これにて、今回新調いたしました、波板の耐久限界まで強風で飛ぶ事はありません。
本日は当店に波板交換工事御依頼、誠にありがとうございました!

雨漏り修理・補修診断・大阪府生野区(屋根瓦陸棟の雨漏り)2011年9月4日

御閲覧頂き有難う御座います。
本日は大阪市生野区の雨漏り修理診断にお伺い致しました。
早速屋根に上りますと

azumaonitoriaibuamamoridesu

この東鬼取り合い部を疑いましたが・・
漏れている箇所と少々違いました。
今度はこちら

nosikawarasuiheikaamamoridesu

陸棟の水平化もしくは、説明しずらいですが
熨斗瓦と桟瓦の密着と面土漆喰の出すぎ・・・その結果
こうなります。

munekawarakaranoamamoridesu
ガッツリ漏れていますね。
今回はこの陸棟の雨漏りを止める為の棟瓦積み替えのご提案と

moutukawanakunattaanntenadesu
もう使わなくなっています古いアンテナの撤去を御提案致しました。
雨が降ったり止んだりで助かりました。
応急処置致しまして

buru-si-totoarumite-pudeoukyuusyotidesu
本日は終了で御座います。
当然で御座いますが今回も、雨漏りを止めるのに必要な御提案しか致しません。

大阪府・生野区・換気ガラリ雨漏り修理・補修診断2011年8月28日

御閲覧頂き有難う御座います。
昨日雨漏り修理依頼頂きました大阪府生野区の
雨漏り修理診断です。御依頼有難うございました。
雨漏り箇所がすぐに見れる構造で、大変助かりました。
天井開口部から覗き込みます。

dakutoho-sukaranoamamoridesu
写真の赤丸から水が漏れています。
ダクトホースの破損による雨漏りです。
念のため天井も見てみますと、

tennjyouhaissainureteimasenn

昨日の雨でも一切濡れていません。
そして雨の侵入経路を辿っていきますと

boufuuunitaerenaikannkigararidesu

北東に面したこの換気ガラリから、雨水が入り込んでいました。
結露でしたら雨の日関係なく雨漏りしますので、
ここ以外侵入経路がありません。
この北東に面したビルの隣は何も建築物がなく
大雨と北東からの強い風にて雨漏りするものと判断致しました。
どんな工法が一番安く、二度と雨漏りしないか考えた結果大きめの換気フード施設とダクトホース欠損部の取替を御提案致しました。