2018年11月04日

西宮市の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!

西宮市で頂きました雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポートです!
私の考察の全てを何時もお伝えしています。
(`・ω・´)ゞ

西宮市の皆様、その節は本当にありがとうございました!!


私共屋根工房きのしたは昭和38年創業。現場経験40年以上のベテラン職人を筆頭にどうすれば最善の費用対効果を皆様にお届けできるのか?それのみをずっと追及してきた雨漏り修理・屋根修理専門の職人だけの店舗です。皆様が長く安心できる現場調査と修理費用の御提案を何時もお届けしています。

(目次)
何も無くて良かったですね!屋根調査2018年11月4日
兵庫県西宮市へ雨漏り修理調査にお伺い致しました。2018年3月25日
屋根修理調査(西宮市にて)2018年3月6日
西宮市で雨漏り調査2016年5月17日
兵庫県・西宮市の瓦屋根雨漏り修理診断2012年11月24日

 

何も無くて良かったですね!屋根調査2018年11月4日

お近くのマンションにお住まいの方から
施主様の屋根の一部が飛んで行ったと教えて頂きましての調査依頼と相成りました。

早速屋根に上って点検しました所
何処にも欠損が出ておりませんでしたので、取り敢えずホットして頂きました。
(^^;)

私が思うに
あれだけの台風でしたから、飛来物が施主様の屋根に一度乗っかって
それが飛んで行く様を近くにお住まいの住人の方が目撃された
この様な背景だった様な気がします。

何も無くて良かったです。
(^^;)

兵庫県西宮市へ雨漏り修理調査にお伺い致しました。2018年3月25日

本日2件目となります雨漏り調査を兵庫県西宮市で行いました。
写真は点検口から確認できる雨漏り箇所の劣化具合です。
胴差しと言います材木が40年の浸水にも耐え未だ崩壊にも至りませんので
雨水の侵入口さえ何とかすれば、これ以上の劣化を抑える事が出来ますと施主様にはお伝え致しました。

この腐蝕の原因を作っているのはベランダの防水切れです。

おそらくですけどプライマー後の水性防水材の一回塗り。
それを揶揄する事ではないのですけど、この後の事後処理に強溶剤の防水を張れないのがネックとなります。
強溶剤の塗膜。特に再度プライマーを掛けた時点で既存の塗膜がチジミます。
簡単に申し上げますと、砂の上に塗膜を張るという事ですね。
この様な場合既存塗膜を剥がさねばなりませんので手間も費用も多く掛かります。
その様な場合はこの上からガルバニウム鋼板でカバーしてしまうのが一番の費用対効果を得る事が出来ると私共は考えております。
実際の実工経過年数は20年以上です。

後はこちらの排水口の口径を少し広げなければなりません。
多少の雨量でしたらさして問題は発生しませんが
ゲリラ豪雨や暴風雨におきましては余計な雨水の停滞を生んでしまうからです。

本日は以上となります。

この度は私共に御信頼を置いて頂きまして誠にありがとう御座いました。!!私共に限らずに信頼できる方がこの先もっともっと増えるといいですね。

父ちゃん。母ちゃんかっこいいがもっと増えてほしいです。
小さな芽も目も曇りでは育ち難いからです。

ですので私も、もっともっと、穏やかに一生懸命頑張ります。!!
(^^;)

後日ベランダ防水工事が完了致しました。
この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして誠にありがとう御座いました。
m(__)m

屋根修理調査(西宮市にて)2018年3月6日

本日の夕方兵庫県西宮市にて屋根修理の診断にお伺い致しました。
写真の棟瓦は隅棟瓦と言います。
この箇所は雨水の流れ方が斜めに這う様に継続しますので
棟の中にある土量や棟瓦の継ぎ目などに少し手を加えたりして私達は修理しています。

今回の隅棟瓦も表面の損壊を招いている原因が内部構造に起因しておりますので
こちらの瓦を使った積み直し工事の御提案となります。
未だ築25年ですから、その他の箇所は大丈夫です。

ゆっくり吟味して決めて下さい。

この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして
誠にありがとう御座いました。
(^^)/

西宮市で雨漏り調査2016年5月17日


急に大量の雨漏りが発生してたと大きな不安を抱えながらご連絡を頂きました。
早速調査させて頂きますと屋根には大量の雨水を発生させる要因はありません。
次にドレンを調べましたら案の定大量の土砂が溜まっており、ホースを繋いで清掃致しました。
施主様も大きな工事にならなくて良かったとホッとされておられましたのが印象的な現場でありました。

後日・・この様な嬉しい御言葉を頂きました。

お礼の電話をかけようと思ったのですが、受付が5時までになっていたのでこちらに書かせていただきます
今日は突然にお電話して無理をきいていただきありがとうございました。
昨夜母からかかってきた電話で実家に見に行くと、想像以上のひどさで呆然としてしまいました。
雨で濡れてる室内もなんですが、とうとうこの家も壊さないといけないのだろうか、どうなるんだろうといろんな思いが心の中にひろがってきて不安な夜を過ごしました。
屋根工房さんはHPをみて大変いい印象を受けたので思い切って電話させてもらいました。正解でした。
夕方実家に電話したとき、電話に出てきた母の声が明るかったので
これはきっちり原因もわかり、修理の算段もついたのだろうなとすぐ思いました、話をきいてみると なんと枯葉がつまっていたと・・・・
全部取り除いてくれて、大丈夫になったとのこと 喜んでいました。
枯葉が詰まるだけであんなにむごいことになるのかと びっくりしましたが
更に料金にもびっくり、本当に申し訳ないぐらいで、こちらにまできていただく、交通費、時間 手間 作業を考えると、本当に申し訳なくて
ええええええ、でした。本当にええええええでした。
交通費とか別にとってくださったらよかったのに
雨漏りで嫌な思いをしているところ、その上きてもらった業者さんでまた嫌な思いするのつらいなーと考えていたのですが、本当にいいかたでよかったと
母も喜んでいました。
屋根のメンテナンスが必要になったときはここでおねがいするとも言っていました。何かあったとき安心して頼れるお店があるということは、精神的な負担がかなり少なくなります。
屋根工房さんが帰られた後近所の人が集まり話していたそうですが
皆さん母の話を聞いて なんていいお店なんだろうと びっくりしていたそうです。作業にきていただいた時私はいけなかったのですが 今日はお世話になりましたどうもありがとうございました

兵庫県・西宮市の瓦屋根雨漏り修理診断2012年11月24日


御閲覧感謝致します。
兵庫県・西宮市にて雨漏り修理の診断をさせて頂きました。
H8年に葺き直し工事をされた屋根ですが、今回の漏水の原因・雨漏りの原因は、追い当ては正常、また17日の雨の日が初の漏水・雨漏りという事ですので、(17日の雨は強風を伴なっておりません。)先ず疑うべき箇所は何時もの様に、熨斗瓦二段目より出過ぎた漆喰の塗布と小袖際の1寸強縮めた3列の納まりとなります。
縮めた箇所の水流は正常ではありますが、ハンマーで縮めておりますので、棟直下の差し込み際に欠損があるかもしれないという事と、やはり水流を無視した漆喰の塗布は、雨漏りや、凍ての原因を作り出してしまいます。
今回は、棟の応急処置と共に、水の落ち口に塗ったコーキングの撤去をふまえた積み直し、の御提案となります。
地瓦山部に塗ったコーキングは雨漏りの原因とは全く関係御座いません。

此の度は当店を信頼、また御依頼頂きまして誠にありがとうございます。
m(__)m