2019年05月25日

泉大津市の雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポート!

泉大津市で頂きました雨漏り修理や屋根修理!愛の現場レポートです!
私の考察の全てを何時もお伝えしています。

(`・ω・´)ゞ< 全てで御座います。

泉大津市の皆様、その節は本当にありがとう御座いました!!

(@^^)/ こちらも合わせて御覧下さいませ。

~雨漏り修理・屋根修理・つの極意~

①瓦屋根修理や雨漏り修理に必要な適正費用と的確な診断

②屋根を葺き替えないと雨漏りは直りませんか?

③ラバーロック・コーキングや瓦止めで雨漏りは直りますか?

④屋根漆喰工事で雨漏りは直りますか?

⑤屋根ルーフィングが破損・張り替えで雨漏りは直りますか?

⑥スレート屋根の雨漏り原因ベスト5と修理対策

⑦DIYでお役立ち!雨漏り修理情報

 


私共屋根工房きのしたは昭和38年創業。現場経験40年以上のベテラン職人を筆頭にどうすれば最善の費用対効果を皆様にお届けできるのか?それのみをずっと追及してきた雨漏り修理・屋根修理専門の職人だけの店舗です。皆様が長く安心できる現場調査と修理費用の御提案を何時もお届けしています。

(目次)
雨漏り再応急処置2019年5月23日
門長屋の屋根修理調査2019年4月6日
薄型化粧スレートの修理調査2019年1月24日
泉大津市での雨漏り調査2018年5月23日
大阪府泉大津市にて屋根修理調査2017年10月11日

 

雨漏り再応急処置2019年5月23日


現在修理工事をお待ち頂いている施主様から雨漏りがまたします。
この様な御報告を受けて泉大津市へと向かいました。

こんな時内心は非常に締め付けられる思いを感じます。
(^^;)

現場に付きますと、以前施した応急処置の一部が捲れて型が付いておりました。
自分の詰めの甘さが悔やまれます。

ちょっとした事ですけど
そのちょっとした事が大事なのは雨漏り修理をする身には必要不可欠です。

作業自体は僅か数分で終わりました。
この度は誠に申し訳御座いませんでした!!

m(__)m!!

門長屋の屋根修理調査2019年4月6日


泉大津市にて門長屋の修理調査にお伺い致しました。
主な欠損は冠り瓦の風害による飛散で御座います。
一か所大きな穴が開いておりまして竹野地や天井が見えておりますが
これは風害では無くて棟瓦の雨漏りが長年引き起こした事象の結果で御座います。

今回は葺き替えと修理と二通りの御依頼を頂きました。
竹野地で本葺きからの葺き替え工事となりますと多く普及している屋根の構造より手間が掛かりますので代金も上がってしまいます。
m(__)m

この度は私共に御声を掛けて頂きまして
誠にありがとう御座いました!!

薄型化粧スレートの修理調査2019年1月24日

泉大津市にて棟板金の飛散調査にお伺い致しました。
施主様が気付かれた切っ掛けはアンテナの交換工事の際に工事された方の進言によるものです。

今の状態は棟板金が飛散した時から少し時間が経っていますので去年発生した台風21号による損害ではありません。

今回はこの箇所の補修工事と現状鉄生釘で緊結している他の棟板金をパッキンビスで強かする御提案をさせて頂きました。

ありがとうございました!!
m(__)m

泉大津市での雨漏り調査


本日は雨天でしたが雨漏りの調査に泉大津市にお伺いしておりました。
天井には余り雨染みはありませんが、確実に2か所程雨漏りの音がするという御報告で御座います。

雨天でありましても屋根に上る事が出来る場合もありますけど
今回は危険と判断して上るのは取りやめました。
その理由は15年前に施した屋根面全面へのシリコンの塗布が原因です。
写真では解り難いかもしれませんがシリコンのオイル(ブリード)が瓦屋根に付着し過ぎますと格段に滑り易くなるからです。

今回の雨漏りの原因は棟に塗り込んだシリコンによる排水量低下と重ね塗った漆喰による排水量低下が原因ですので
後は、こちらの棟瓦の積み替え工事の御提案となります。
今回は塗布したシリコンが多すぎて再生する事が出来ません。

この度は私共に御信頼をお寄せ頂きまして
誠にありがとう御座いました!
🙂

大阪府泉大津市にて屋根修理調査2017年10月11日


大阪府泉大津市にて屋根修理の調査を頂きましたので夕方お邪魔致しました。
何時もありがとう御座います。

ふとした事が切っ掛けとなって今まで気にならなかった事が気になって来る事って結構ありますよね。
今回の御依頼は樋に厚型化粧スレートが落ちたから見て欲しいとの事でした。

結果は・・。

元々こういう形の施工ですから大丈夫と御説明させて頂きました。
(^^;)

御依頼くださった施主様もホット一安心。
これからも安心をお届け致しますね。 🙂