2016年09月29日

唐草垂れ不足からの雨漏り

唐草垂れ不足からの雨漏り考察記事となります。
写真のケラバ唐草板金の垂れ(長さ)が不足しておりました。既存の板金を施設した後窯業サイディングを施工する工程ですがサイディングの裁断が甘く、風圧を伴う巻き込みの雨に対処出来なかった事例となります。

此方の写真も同様にモルタルの塗りこみが足らず唐草垂れから雨水が侵入しております。

こちらは落ち棟の取り合い部。既製品の唐草ではスレート一枚分どうしても浮いてしまいますのでその分唐草の垂れが不足してしまいます。不足した垂れ鼻先の雨水が今度はコンパネ野地板に干渉し、毛細管の様に野地板を腐食しながら雨水を部屋内部に引き込んでおります。その際には本来二次防水の役目を担うはずの防水し、ルーフィングが雨水を引き込む手助けをしておりました。

こちらは、最初から唐草がないケラバとなります。

垂れ不足は、高低差、当たる風圧の量を吟味してその長さを修理経験で弾かなくてはなりません。あまりに長いと今度は風圧で捲られてしまう危険性もありますので、適正寸借、適正緊結を熟慮する必要性が御座います。