2016年09月19日

パラペット屋根からの雨漏り

パラペット屋根からの雨漏りにつきまして。
パラペット屋根とは、よく店舗の玄関、また増改築などで使用される形状の屋根の事。ビルなどでは最初から施設してあります。

こちらのパラペット屋根の雨漏りの原因は、内壁の傘釘からの侵入と笠木からの侵入。経年によるトタンの劣化が主な原因ですが、排水口のボールや落ち葉の堆積も同時に雨漏りの原因を作っておりました。

こちらのパラペット屋根はドレンが完全に機能していません。開口部のφが排水量に対して対応していなかったのが原因です。
ドレンの開口は可能な限り広く取る事が肝要で御座います。

改築する際には軒瓦など、本来あった部位を切除しますが、その後の緊結を怠りますと、地瓦の比重に負けた軒瓦からのズレで雨漏りしてしまします。

また、元々緩勾配不適合建材を使用してる場合は、壁面から干渉する雨水の影響もありますが、雨漏りしてしまいます。

ビル屋上などと違い、一般家屋の場合、改修工事費用はさほど掛からないケースが殆どで御座います。
ボールの詰まりや落ち葉の堆積程度でしたら、その場でお直し出来ます。

 

パラペット屋根の鉄筋支柱
こちらはパラペット屋根を支える鉄筋支柱のシールが切れていた為の雨漏り事例となります。2016.9.25に撮影させて頂きました。