2016年09月19日

ソーラー湯沸かし器からの雨漏り

ソーラー湯沸かしが原因の雨漏りにつきまして

写真のソーラー湯沸かし器は棟瓦にその重量を預けております。返り雨や巻き込み雨の度に棟内部に侵入した雨水の乾燥時間が著しく低下した結果雨漏りを引き起こしてしましました。

こちらの屋根も同様にアンテナの余剰水量とあわせて、ソーラー湯沸かし器本体に当たる返り雨で棟瓦事態の排水限度を超えた為の雨漏りの事例です。

ソーラー湯沸かし器を撤去した後は、堆積した埃、特に瓦の重ね目に溜った埃を清掃する事が、次の毛細管雨漏りを引き起こさない為にも重要となります。

定点におよそ3~400キログラムの重量を掛けますと、幾ら丈夫な屋根材といえど破損してしまう可能性があります。

また、固定に使うワイヤー線は軒瓦や袖瓦をいがめてしまい、無用の雨漏りも引き起こしてしまいます。

給水ホースのパッキンが劣化してきますと水道代が毎月無駄になったり、破水した水が棟瓦を痛めたりしてしまいます。

陸屋根上では、固定アングルの下が無防水になり、再度の雨漏りにつながったりするケースも御座います。

※ご使用になられていないソーラー湯沸かし器は早期に撤去しましょう。