2014年12月07日

波板外壁面取り合いからの雨漏り

波板外壁面取り合いからの雨漏りの考察記事の内容となります。

CA3I0876

こちらの写真は波板屋根と外壁面との取り合いの写真です。波板の劣化が躊躇で壁面へ向けて勾配がついております。
この部位の雨漏りの特徴は、軒天直下の場合は風圧が必要な事。妻側に設置している場合は水切りもしくはシリコン防水が切れている事が特徴です。侵入してくる雨は直下の受け材木(アルミアングル)などの釘穴・ビス穴を目掛けて参ります。

改善方法は再度のシリコン防水か水切りの施設となります。

基本的に日当たりの良い方面に設置している場合が多いので両方の改善を計れればなお安全だと思います。