2014年12月04日

谷樋尻立ち上げ不足による雨漏り

御閲覧頂きありがとうございます。 😮

谷樋の尻部分。立ち上げ不足による雨漏りの考察です。谷の尻部分は一番雨水が集約致しますので谷樋の立ち上げは必須で御座います。谷の長さが長ければ長い程、屋根流れ面が長ければ長い程立ち上げには配慮しなければなりません。ただ谷の勾配がきつくなれば多少の緩和とオーバーフローしない場合も御座います。

CA3I0771

写真は谷の折り返し。立ち上げがありませんから雨に喰われ続けております。

CA3I0295CA3I0139

 

 

 

 

 

 

長年雨水を通し続けますと上記写真の様に屋根構造材木の腐食進行に繋がって参ります。こちらの雨漏りも普段目にしない軒天入隅などですから発見が遅れる場合が御座います。特に軒天が化粧仕舞い(木部のみ)がモルタル仕舞いより発見が遅れます。