2014年12月02日

芯木有り瓦棒からの雨漏り

御閲覧頂きありがとうございます。

芯木有り瓦棒からの雨漏り考察記事の内容となります。

CA3I0186
こちらの芯木有り瓦棒の屋根の雨漏りの原因は

直上に位置しますシルバー瓦屋根の水流を瓦棒のキャップがじかに受けている箇所が御座います。瓦棒自身の排水量を超えていると行く事と瓦棒は過去塗装によるメンテナンスを施されております。

この二つの要因が意味する事は塗装によるキャップの毛細管現象と共に風圧が掛かった際の溝雨水の停滞量の増加からくるキャップからのオーバーフローに起因しております。

キャップを解体してみますと

CA3I0289

雨の侵入を目視出来ました。
二重排水を施設出来ませんでしたので、この屋根は晒し鋼板葺きに変更して雨漏りは完全に完治させて頂きました。

立地を考慮し、例え上物の屋根が無い場合でも塗装済の瓦棒の改善工事には注意が必要です。