2014年11月30日

ケラバ棟違いからの雨漏り

ケラバ棟違いからの雨漏りの考察記事となります。

CA3I0275

頻繁に起こりえるここからの雨漏り。上記の写真は水切りの変わりとしまして漆喰を塗っております。
本来漆喰の防水機能は厚みを取れれば機能致しますが、際廻りは殆ど防水性が御座いません。

上記写真の様に陸棟際は殆ど無防水ですので雨漏り致します。
加えて解体してみた場合

CA3I0746

袖瓦の垂れから流れ込んでくる水を地瓦が受け切れていない場合も多々御座います。

陸棟の出面等水流を加味して、慎重に施工すれば全く問題の無い屋根に再生出来ます。
CA3I0750

CA3I0959

こちらの本掛けの棟違いはもう少し銅板水切りの幅が必要です。

 

こちらは塩焼き瓦の棟違い雨漏りです。アンテナ余剰水流派生の雨漏りと複合しております。2016.10.1診断撮影させて頂きました。