2014年11月30日

寄棟水落とし調性不備からの雨漏り

寄棟水落とし調性不備の雨漏りの考察記事です。
先ずは写真を御覧下さい。

CA3I0330

写真は瓦屋根寄棟の内部写真です。この部位の被せ側の追い当て瓦。上の瓦より下の瓦の方が小さいですね。
青線は実際の雨の流れ方です。風圧が掛かれば青線はもっと上部に上がってまいります。
雨水を受けるべき瓦がありませんので雨漏り致します。

またこちらの写真。
CA3I0626

棟の熨斗瓦と地瓦との隙間が無く(少しはありますが・・漆喰で埋まっております。)
隙間が無いという事は、地瓦からの雨だけでは無く棟からの雨も集約してしまうという事。
水量が上がってしまうという事で御座います。
この所為の為、修理時に直か?起くりか?反らすか? 面土の美観を考慮した場合非常に悩む箇所で御座います。

開きのある仕舞いの場合
CA3I0380

谷で飲ますか?冠り瓦での美観を取るか?も非常に悩むところで御座います。

CA3I0335

これらの考察は、棟幅が広くなれば多少の緩和もできますが、
瓦屋根の雨漏り修理には必須ですので絶対に覚えておかなければなりません。

漆喰とシリコンコーキングでは完全な修理は難しいという理由の一つでも御座います。
3階建ての強風地域ではもう一つ踏み込んだ細工も必要で御座います。 😀