2014年11月28日

瓦屋根全面シリコン止め雨漏り

瓦屋根全面シリコン止めによる雨漏りの考察記事です。
CA3I0560CA3I0024

 

 

 

 

 

 

 

上記の写真の様に、この工事による被害も後を絶えません。
きっかけはやはり阪神淡路大震災からでしょうか・・・。

瓦屋根は水流の抑揚が必ず付きます。雨が多く流れる所や余り流れない所があります。
この工事で一番危険な場所は地瓦の谷と言われる箇所の水流です。
地瓦谷の水量は激しく急所となる所ですからシリコンは絶対塗ってはいけない箇所です。

剥離や劣化が始まれば今度は水を堰き止める形となり雨漏りの被害はさらに広がり葺き替えなければならない危険性は増大致します。

また棟の全面シリコン塗布もシリコンの薄い熨斗瓦の継ぎ目などは簡単に剥離し、そこに侵入した水は最早逃げる場所は天井裏しか御座いません。

未だにこの工事を施工する方もおられますので御留意下さい。
本当に瓦屋根の雨漏りを直せる屋根屋はこの様な工事は致しません。

CA3I0033

もちろん修理も可能ですが、すごく大変で御座います。 😳