平板瓦や日本瓦の葺き替え工事

平板瓦や日本瓦の葺き替え工事の詳細

御閲覧頂き有難うございます。

このページでは平板瓦の葺き替え工事の詳細を御案内させて頂きます。
豊中市での屋根工事依頼を例に順を追って御説明したいと思います。

先ずは施工前

akasisioyakikawarawotekkyositeimasu

毛細管雨漏りが酷く、今回は新しい瓦に替えて欲しいとのご依頼でしたので平板瓦の乾式工法(葺き土を使わない)をご提案差し上げました。順次古い瓦を撤去していきます。

その後

jis9mmkonnpanewohatteimasu

ケラバモルタル・雀口モルタル当の撤去をしたあと、JIS9mmコンパネを屋根全面に張りビスで固定致します。固定先は屋根の垂木、軒長押しなど屋根を形作る骨格の材木に固定致します。ケラバ(屋根の端)には袖瓦を固定する為の垂木を先に取り付けます。

その後

munaginikyoukamunekanaguwotoritukemasu

ゴムアスファルトルーフィングを施工したのち、桟瓦を固定する為の横桟木を瓦割に合わせて打って行きます。写真の瓦割は、流れが短い割付となります。その後、強化棟金具を棟木構造材めがけがっちりと固定到します。

そして

kyoukamunekanagunitarukiwoutitukemasu

軒鼻水切り、ケラバ捨て谷当の板金施工のあと順次、瓦割に合わせて平板瓦を葺いていきます。瓦は全数ステンレス釘にて取り付けます。棟瓦を固定する為の垂木も棟金具に取り付け棟際になんばん(特殊粘土)を塗り左官処理致します。

その後

kannseisyasinndesu

三角冠瓦をステンレスビスで固定して完成となります。屋根重量・棟の強度共葺き替え前より格段に向上しましたが、この釉薬瓦はやはり冷害(凍て割れ・凍み割れ)に少し弱い特性も御座います。大阪の平野部では、なんの問題もなく30年は耐震性・耐風性を維持できますが、同じ大阪でも能勢や茨木山間部、また猪名川地域でお住まいの御客様にあっては冷害に強いいぶし瓦やドブ付け釉薬瓦もご選択の一つとして屋根葺き替えの折には御一考願えれば幸いかと思います。

 

日本瓦から日本瓦への葺き替え工事

CA3I0719

施工前は明石の塩焼き瓦です。修理で大丈まだ大丈夫のですが、施主様の希望により葺き替え工事をさせて頂きました。

先行足場施設と捲り工事から始まります

CA3I0722

天井の掃除も致します。

CA3I0728

野地板補強を施して行きます。

CA3I0727

杉コロシート張り通気性能を維持出来ます。

CA3I0732

杉の瓦桟木を打ちますここに瓦を引っ掛けます

CA3I0737

地葺きです。瓦はステンレス釘で固定されています。

CA3I0742

棟瓦を積みまして完成です。内部に使用しているのは南蛮漆喰といいます石灰質の建材です。
従来の葺き土の倍以上の強度と撥水性を維持出来ます。

CA3I0745