2016年10月24日

屋根が滑りやすい季節があります注意して下さい

屋根が滑りやすい時期がありますので、ご自分で屋根に上る時は十分注意してくださいね。

本日からお邪魔させて頂いております山間部の屋根は釉薬瓦シルバー色を使用しております。30年前後の釉薬瓦は貫入の手助けもあり、簡単には滑りません。

ところが、、、

写真の雨漏り応急処置工事は、3月に施工させて頂いたのですが、何故か良く滑る屋根で地下足袋の不備か摩耗か?色々考えておりましたが、結論が本日に至るまで出せませんでした。

 

3月期に比べ各段に滑らなくなっております。ここから考察し、本日ある事実に気付きました。

 

それは、

山間部故の杉花粉の飛散と停滞

 

もうこれで間違いないと思われます。

3~4月に杉花粉が関西では大量に飛散しますので、花粉の停滞している屋根は滑りやすくなるという事で結論付け致しました。

私の様な施工業者は、どの様な屋根でも初めの一歩で摩擦係数を体感して登りだすのですが、
もし、ご自宅の屋根に上らざる得ない理由が出来た方は、お住まいの地域に準じまして、花粉が飛散して屋根に停滞する時期は慎重に慎重を重ねて下さるようお願いいたします。

(※本当に危険です※)

 

花粉が飛散する時期はこちらのサイト様を参考にさせていただきました。

http://www.kyowa-kirin.co.jp/kahun/about/calendar.html

 

この時期は上記写真の様な、地下足袋装備・付帯物無しでも危険ですので注意して頂きたいと思います。

 

どなた様に限らず無事ご家族の元に帰れます様に。私も山間部屋根の3~4月期の点検などは、今以上に充分気を付けたいと思います。