2013年01月04日

日暮れ屋根

明日からの激務に備えて、気合を入れる為に替え歌を作ってみました
私は昭和の屋根屋ですので、こんな感じで気合を入れなおしたりしております。 😆

何んのために 安くした 屋根上り
何んのために ひとり葺く 日暮れ屋根
ほこりによごれた地下足袋はたき
出逢いと別れ 今日もかさねる
漏れ止めなきゃ なにもかも くずれ去る
ふりむかずに ひとり葺く日暮れ屋根

土葺き重く傷ついて たおれても
屋根の重さ なげくまい 日暮れ屋根
軽量瓦は はなやかだけど
山間部での 風は冷たい
風の中でひらく屋根 枯れる屋根
風に吹かれ ひとり葺く 日暮れ屋根

かがやき忘れた 腕ある人よ
ささくれだった 我が右腕よ
遠い道の はてで呼ぶものはなに
遠い道を ひとり葺く 日暮れ屋根