2012年12月26日

谷尻 谷樋交換工事

本日は、谷樋交換工事をさせて頂いております。この流れで無数の穴開きが確認され、しばし悩んでおりましたが・・(流れの長さに比例して谷鋼板は穴が開きます。水流の多さと雨水に混じった不純物が鋼板の摩耗を促進する為です。銅樋なども同じ理屈。)とりあえず、国道のすぐ際と言う事で、環境による影響がこの流れで、穴が開いた一番有力な考察かな。番手20で40年頑張ったから問題はないでしょう。

それはさておき、鋼板尻から雨が返りまくっておりました。立ち上げて折っとけば良いだけですから次は、軒に雨は絶対廻させません。一枚上着忘れて、ひどい寒さに合う一日でした。 😳